windows11の人柱による不具合アップデート報告は?

スポンサーリンク
0未分類

windows11はこれまでにベータ版と「Windows 11 Insider Preview」がリリースされてきましたが、10月5日にwindows11の正式版をリリースしました。

スポンサーリンク

windows11の人柱による不具合アップデート報告

「Windows 11」のリリース、10月5日は間もなく

Microsoftがメインストリームユーザーに対する「Windows 11」のロールアウトを開始するまで、あと数日となった。

 アップグレード可能な「Windows 10」搭載PCに対するWindows 11のロールアウトが開始されるのは10月5日で、Windows 11がプレインストールされたPCの販売もこの日以降に始まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6c93d749cced5afaa6c3dcaa25a5b0957ecbd3b

Windows 11は、3つの重要な分野に焦点を当てています。すなわち、Windowsの使用をよりシンプルにするために設計された新鮮でモダンなUX、生産性の向上を目的とした新機能と調整、そしてMicrosoft Storeへの新たな取り組みです。

トップレベルのユーザーインターフェースのほとんどは、新しいアニメーション、アイコン、サウンドを備えた新鮮な外観に更新されています。スタートメニューやタスクバーから、コンテキストメニューやインボックスアプリに至るまで、すべてが更新され、新しいWindows 11の他のデザインとの一貫性が増しています。

Windows 11におけるマイクロソフトの目標の一つは、可能な限りユーザーエクスペリエンス(UX)を簡素化することでした。Microsoftは、iOSやAndroidのような最新のOSに慣れ親しんでいるカジュアルなPCユーザーにとって、WindowsのUXをより使いやすくしようとしていますが、その代償として、一部の一般的な機能や動作を簡素化しているため、昔からWindowsを愛用しているユーザーにとっては馴染みにくいものになっています。

しかし、複雑さよりもシンプルさを好む人にとっては、Windows 11は素晴らしいリリースになるでしょう。使っていてとても楽しいし、流動的なUXは完璧といっても過言ではありません。Windows 11は、ソフトウェアデザインのスペクタクルを楽しみたい方には新鮮な空気を提供し、生産性の向上や「仕事をする」ことを何よりも重視する方には素晴らしいリリースとなるでしょう。

Windows 11では、セットアップの手順を案内する、まったく新しい出荷時のエクスペリエンスが用意されています。これまでのコルタナを使ったインストーラーはなくなり、代わりにすっきりとしたシンプルなデザインで、Windows 11のセットアップを簡単に行うことができます。とはいえ、マイクロソフトはここで、知っておくべきいくつかのポリシー変更を行っています。

Microsoftは初めて、Windows 11 Homeを搭載したPCに対して、出荷時にMicrosoftアカウントでサインインし、Wi-Fiに接続しておくことを義務づけました。これをスキップする方法はもはやありません。つまり、Windows 11を搭載したPCを使い始めたい場合は、Microsoftアカウントを使用する必要があります。

私は、Microsoftアカウントにサインインすることで得られる統合や特典が気に入っているので、この点についてはそれほど大きな問題ではないと思っています。しかし、世の中にはアカウントの使用を拒否する人も多く、そのような人にとっては問題となるでしょう。幸いなことに、MicrosoftはWindows 11 Proではこの同じ要件を強制していないので、どうしても我慢できない場合は回避する方法があります。

Windows 11を起動したら、まずMicrosoft Storeアプリにアクセスしてアップデートをチェックし、プリインストールされているすべてのWindows 11アプリが最新版であることを確認します。また、新しい「設定」アプリの「Windows Update」で更新情報を確認し、Windows 11用に設計された最新のドライバを入手してください。

タイトルとURLをコピーしました