【最終警告書】Yahoo! JAPAN未納料金による一部ご利用制限のお知らせ。

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

SMSでヤフーウォレットやヤフージャパン(Yahoo! JAPAN)から身に覚えのない請求 問い合わせが急増しています。

【最終警告書】Yahoo! JAPAN未納料金による一部ご利用制限のお知らせ。

というメッセージが届いたら、どうすれば良いんでしょうか?

スポンサーリンク

【最終警告書】Yahoo! JAPAN未納料金による一部ご利用制限のお知らせ。

ショートメール(SMS)で

【最終警告書】Yahoo! JAPAN未納料金による一部ご利用制限のお知らせ。

といった内容で、ヤフージャパン(Yahoo! JAPAN)もしくはヤフーウォレットから身に覚えのない請求メッセージが届くことがあります。


弊社が定める期間内にお支払いいただけませんでした。

そのため、お支払いが完了していない料金につきましては、弊社が契約する弁護士法人に債権回収を委託いたしました。
(弁護士法人: 鈴木康之法律事務所)

■ご注意
最終警告も無視していると、裁判所で支払督促や訴訟を起こされる可能性があります。
支払督促や訴訟も無視していると、 最終的に給料や預貯金などを差し押さえられてしまいます。

■Yahoo! JAPAN未納料金
支払い金額:20,000円 (税込)
支払い期限: 2022年6月22日 (支払期日の延長不可)

というメッセージが届くケースがありますが、SMS送信元の電話番号は様々な種類が確認されている通り、フィッシング詐欺とみて間違いありません。

81 90 3848 0721
090-4410-0857

などが確認されています。

大手企業や公的機関の名称や連絡先が記載されていても、安易に信用しないでください。公的機関の名称を無断で使用して、騙される人からの連絡を待っていることもあります。このような場合は、次の方法も検討してください。

詐欺メールは、本物のメールを装っていることが多いため、しっかりと見分ける必要があります。

具体的にどのような点に注目していけばよいのかというと、

送信元のメールアドレス・電話番号を確認
宛先に個人が特定できるアドレスが複数記載されているか
添付ファイルや本文中のURLはクリックしない

メール内にURLがあ多っとしても、とにかくメールのリンクではなく直接アプリなどでメールの内容が本当か確認してするようにしましょう。

間違ってもリンク先を開いたり、リンク先の指示に従って個人情報(氏名、生年月日、電話番号、住所、クレットカード、有効期限、セキュリティコードなど)を入力しないように注意をしてください。

他にも指定されたアプリのインストールなどの操作をしないように気を付けてください。

万が一、指示に従ってアプリをインストールしたり、個人情報を入力をしてしまった場合。

それらの情報を利用してau ID等への不正ログインが試みられてしまったり、クレジットカード情報が不正利用されてしまう恐れがあります。

他にも自分の個人情報が詐欺のために悪用され、余計なトラブルに巻き込まれる危険もあります。

また最近のネットのフィッシング詐欺では、公式サイトをパクった偽サイトにログインするように仕向けられ、未払い金の支払いを行うためにコンビニ払い(セブンイレブン)を行うように案内されるケースもあります。

なお、このような偽SMSが突然届くケースが多く発生していますが、いずれにしても突然届いたSMS等に記載されたURLを慌てて開いてしまわないように気を付けてください。

ネットの口コミは?【最終警告書】Yahoo! JAPAN未納料金による一部ご利用制限

タイトルとURLをコピーしました