税の作文の書き出し・書き方は?コツや例文は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「税の作文」というテーマで1200字指定など作文の宿題が出されることがあります。

夏休みの課題となることも多い「税の作文」の書き方は?

まず税についてもよくわかっていない状態で「税の作文」を書くコツは?

スポンサーリンク

税の作文の書き出し・書き方は?コツは?

「税の作文」を書くコについて、

・使われ方
・種類
・これからどうなるのか(税の種類、税率はどうなるか)

この辺りが基盤になってくるでしょう。

税金に関する内容は幅が広く、複雑です。

税金の中のどの部分をテーマにして具体的に書きたいかを明確にしましょう。

例えば、税金の種類について。税金の納入方法を調べて、これからはこうした方がいいのではないか、税金の役割、税金の使われ方、税金のしくみ税金の申告、税金の計算法、税金の節税。など

「税の作文」の書き出しについては、国税庁ホームページに過去の受賞作品が掲載されているので、1番の見本になります。

税の作文(中学生・高校生) | 税の学習コーナー|国税庁

例えば「ガソリン」をテーマに「税の作文」を書く場合。

ガソリンは、ガソリン税、消費税、石油税といくつも税金が上乗せされています。

上乗せされている税金の使われている内容を解説して行くのも良いでしょう。

■一、 税金とは何か。
社会全体のために、みんなが共同で使われるものに使われる。みんなが安全で快適に便利に暮らしやすくするために必要なお金である。みんなが出し合うので会費のようなものである。
二、税金にはどんな種類のものがあるのか。
国に納める国税と、県や市町村に納める地方税がある。

① 国税には何があるのか。
消費税、所得税、法人税、相続税、贈与税など約20種類ある。
消費税は、お店で五パーセントの税金を上乗せされているので国民が買い物の時に支払っている。それをお店の経営者が国に納めている。
所得税は、事業者が税務署に所得に応じて支払う。サラリーマンは給料から引かれている。法人税は法人、株式会社の所得にかかる税金である。
相続税は、親が亡くなったときに、子どもに相続された財産にかかる税金である。贈与税は親が生きていたときに子どもに財産が贈与された時にかかる税金である。

② 県税には何があるのか。
県民税、自動車税、事業税、など16種類がある。
県民税は、県内に住んでいる方の所得の額に応じて納める税金です。支払いの時には、市県民税として市に収めている。
自動車税は、原則として毎年4月の1日に自動車の所有者にかかる税金である。
この税金は、乗用車やトラックが対象である。事業税は、事業を営む個人や法人にかかる税金である。

③ 市税には何があるのか。
市民税と固定資産税と軽自動車税と健康保険税、入湯税、市タバコ税、都市計画税、事業税がある。
市民税は、労働者一般の市民にかかる税である。
固定資産税は、私達が住んでいる土地や住宅にかかる税である。
軽自動車税は、軽自動車や、オートバイ、原付などにかかる税になる。

■税金の使われ方
① 身近な所でどんなふうに使われているのか。
学校では、校舎の建設費、教師と事務の職員の給料、校内の教育関係の備品、などに税金が使われている。
市役所、ごみ焼却場、道路、老人ホーム、道路、公園、等の共同施設に税金が使われている。

② 地方公共団体での使われ方には何があるか。
新幹線開業事業費、ごみ収集とごみ廃棄物処理対策費、消防車と救急車、市街地活性化対策費、高齢者対策費、放置自転車対策費、道路工事などの公共工事費、学校教育費、河川事業費、市町村役所の職員の給料、等に税金は使われる。
四、 もし税金がなかったらどうなるのか。
家事が起きた時に消防車が来ないなら火は消えない。急病や交通事故のときに救急車が来なかったら命が危険にさらされる。学校が無ければ勉強ができない。ごみ収集車がごみを集めに来ないなら、ごみの処分に困る。自然災害のときに自衛隊がいないなら救援に来ていただけない。川の氾濫がないように土手が整備されていないと危険である。
道路が整備されていないと車が走れない。健康保険がないと医者で高い金額を請求される。

税の作文の例文は?


「税を身近に感じる工夫」

税は、私たちが健康で文化的な最低限度の生活を営む上で欠かせないものである。しかし、人口が少ないところに高速道路を建設し、開通したものの通行する車両はほとんどないなど、税の無駄遣いではないかと感じることも多い。私たちは納税の義務を果たすとともに、税がどのように使われ、活用されているかを、もっと知らなくてはならないと思う。そのために、私は高校生として、具体的に次のような行動を起こしたい。
①税の使い道について、小・中学生に教える活動を行う
私は小学6年生の時、学校で租税教室というのがあった。税にはどのような種類があり、どのようなことに活用されているのか、税務署の方から話を聞いた。社会の時間に学習した税いついて、具体的に知ることができる良い機会となった。この租税教室を私たち高校生が小・中学校に出向いて行ってはどうだろうか。もちろん、税務署の方のような知識や経験はないが、小・中学生に伝えるために、図書館やインターネットで税について調べたり、税務署に出向いて質問するなどしなくてはならないので、私たち自身にとっても税について深く知る良い機会になる。また、小・中学生にしても、自分と年の近い高校生の話となれば、親しみをもって話を聞いてくれることだろう。
②税について知るためのツアーを企画・実施する
日本には、税を使って建設された公共物がたくさんある。本当にそれが私たちの生活にとって必要であるのか、それが生活する上でどのように役に立っているのかなど、直接出向いて確かめるのである。どの地域のどの公共物に行ってみたいか友達同士で話し合い、意見をまとめてツアーを企画する。ツアーの前には、もちろんその公共物がどのような経緯で建設され、費用はどれくらいかかり、どのように活用されているのかなど、下調べもする。そして、実際に現地に出向き、税が使われた効果について身をもって感じるのである。できれば、責任者の方に話を聞いたり、質問したりしてみたい。
税なしには、この日本という国は成り立たない。自分も税の恩恵を受けている一人であることは間違いない。時には税の無駄遣いだと感じる出来事もあるが、ただ不満を口にするだけでなく、税について深く知り、自分の肌で確かめることも必要であると思う。税についてもっと国民に周知され、税がより適切に使われるようになることを強く願いたい。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11247470216


「税で支え合う私たちのくらし」

コンビニで買い物をして支払う金額には消費税が含まれている。普段、あまり意識しないが、私も間接的に税を納めている。よく考えてみると、私たちのくらしも税によって支えられている。税がなければ学校の授業料、教科書も支払う必要がある。無償でコロナワクチンの接種ができるのも、税のおかげである。私たちは日々の生活の中で、税についてしっかりとした考えをもち、きちんと納税していくことが大切であると思う。そのために、私はつぎのことに取り組んでいきたい。

①税の使い道について知る
私が小学校6年生の時、学校で租税教室というのがあった。税務署の方から、税の種類や徴収の仕組み、税の使われ方について学んだ。そこで、私は税がなければ大変なことになり、世の中が成り立たないと感じた。ニュースで税の話題があったら、インターネットを使って調べてみたり、街で気になる公共物を見かけたら、建設までにどれくらいの費用がかかり、財源はどこから出ているのかなど、家に帰ってから調べてみたりしていきたい。そうすることで、税について深く知ることができ、税の必要性について感じることができると思う。
②税について発表する機会をもつ
まず、家族の中で税について話題が出たら、何かしら話をすることを心がけたい。税について関心をもちながら生活をしていきたい。ただ、普段の友達同士の会話では、税について話をするということは、なかなかない。そこで、例えば夏休みの自由研究などで税について調べ、発表する機会をもっていきたい。学校の発表という形なら、友達にも税について私の考えを聞いてもらうことができ、税について関心をもってもらう良い機会となる。最近はコロナ渦で大勢で集まることもままならないが、ブログや動画などの形でも発表することができればと考えている。

税がなければ、今の私はなかったといっても過言ではない。普段意識していようがいまいが、私は確実に税によって支えられている。今後、社会人となって立派な納税者になり、税を通してしっかりと社会を支える一員になりたいと強く願う。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12248203872


「税金がしてくれること」

僕はいままで、税金が嫌いでした。いろんなものに税金がかかっていて、正直なところ、必要ないと思っていました。実際に、好きなお菓子を消費税のせいで買えなかったことがありました。でも今回、税についてくわしく勉強して、その考え方がまるっきり逆になりました。なぜなら、僕たちの払っている税金がすごく広い範囲で生活に生かされていることがわかったからです。世の中には、税金はいらない、無駄だ、と言う人がいます。でももし、税金のない世界になってしまうと、とても不便で大変なことになってしまいます。そこで、税金のある世界とない世界を比べてみたいと思います。
まず、税金のない世界では、もちろん消費税や所得税が無く、みんなが今までよりも、多くのお金を手にすることができます。しかし、いい点はこれくらいだと思います。もし、火事や事件が起こった場合、消防署や警察署の人や設備の費用は税金でまかなわれているため、自分でお金を払い、火事を消したり、犯人を逮捕してもらうことになります。また、僕達の通っている学校も税金によってつくられているため、学校そのものが無くなってしまうことになります。また、義務教育の教育費は税金でまかなわれているため、みんながお金を払わないと、授業をしないし、そもそも学校自体が建設されないことになります。さらに、道路の建設や補修、標識や信号機の設置、ごみの収集や処理、病院の建設や運営、上下水道の整備といった、僕達の生活不必要不可欠なものまでなくなってしまいます。一方、僕達のいる税金がある世界では、消費税などでお金が取られたりしますが、その税金のおかげで住みよい社会があります。たとえ火事や事件が起きたとしても、消防署や警察署が僕達を守ってくれます。そして、子供達はだれでも義務教育によって教育を受けられることができ、中学生になれば部活をすることができます。その部活も、税金に支えられています。学校のグラウンドや体育館、新人戦などの大会で使われるような大きな球場や競技場も税金によって作られています。それに、道路、ごみ処理、病院、水道、社会保障、公共施設なども税金でまかなわれているのです。
今回、税金のことについて勉強して、新しくわかったことがあります。それは、税金は払うときはいやなものだけど、形を変えてきちんと僕達の元へと返ってきて、笑顔にしてくれるものだということです。僕は、税金は今の僕たちの生活に欠かせないものだと思います。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1069605940

タイトルとURLをコピーしました