悪・即・斬の意味は?斎藤一がるろうに剣心で牙突

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

るろうに剣心で斎藤一が言う台詞「悪・即・斬」とはどういう意味なのでしょうか?

悪即斬とは「るろうに」と同じくるろうに剣心の造語なんでしょうか?

スポンサーリンク

悪・即・斬の意味は?斎藤一がるろうに剣心で牙突

「悪・即・斬」とは、「悪人は叩き斬らねば正義は保てない」とする立場を表した言葉です。

『新撰組』の精神を形にした言葉とも言われていますが、あくまでも「るろうに剣心」の中の話しであって作者の和月伸宏氏のオリジナルです。

史実の斎藤一の新選組時代の活動は謎が多く、「悪・即・斬」と言う信条があったかどうかも不明です。

るろうに剣心では、かつて人斬りとして「悪」だった抜刀斎がその罪を償う答えを見つけ「悪」ではない剣心になった為、斬る=殺す価値もないと最期の決闘に応じませんでした。

ちなみに、新撰組というのは、いろんな剣術の道場の門下ら が、参加していましたが、近藤勇、土方歳三、沖田総司は、同じ道場の剣士でしたが、斉藤一は、近藤が道場を出し始めていた初期の同志(沖田や土方は、それに該当。)じゃ、なくあとから 入ってきたというそうです。

一説には、江戸は、道場やぶり が多発しており、道場破り対策に、道場外から腕の立つ助っ人を求めて、斉藤を 呼んだと されます。

土方や沖田だけでも十分、道場破り対策になりそうだが、そのうえ、まだ連れてきた、というから斉藤一は、土方や沖田に匹敵する腕前と推測され、長生き して最後まで討たれず天寿を全うした数少ない、新撰組の剣士が斉藤一や永倉新八あたり、だそうです。

斉藤一は資料が少なく修めた剣術の流派すらはっきりしてませんが「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」といわれてるんでどんな手を使っても勝つツワモノだった事は事実のようです。

悪・即・斬の意味は?斎藤一がるろうに剣心にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました