生ジョッキ缶が泡立たない!泡が出ない!原因は温度?常温は吹きこぼれ!

スポンサーリンク
未分類

生ジョッキ缶は、管の内側に特殊な加工を施すことによって、まるで生ビールのような泡を最後まで楽しめるという缶ビール。

ただネットでは泡を楽しみに生ジョッキ缶を購入したにも関わらず、泡立たない!泡が出ない!という声も寄せられています。

スポンサーリンク

生ジョッキ缶が泡立たない!泡が出ない原因は?

生ジョッキ缶が泡立たないとか泡が出ないといった原因はどうやら温度にあるようです。

メーカーによると『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』の飲み頃の温度は4℃~8℃とのこと。

缶を手で包むと泡が出やすくなるとしています。

<泡立ちをもっと向上させたいとき>

POINT 1 
逆さまに倒立させて冷蔵室で冷やしてみてください。常温から冷やす際にお試しいただくとより効果的です。
POINT 2 
数秒温水にさらしてから開栓してみてください。冷蔵室から出した後、缶を人肌程度の温水にさらすことで缶内面の凹凸による泡立ちが促進されます。
POINT 3 
缶下側を数㎝人肌程度の温水に浸すことでも、缶内面の凹凸に接しているビールの泡立ちが促進されます。浸す時間を変えることでお好みの泡をお楽しみください。

https://www.asahibeer.co.jp/superdry/namajokkikan/qa/

常温の生ジョッキ缶は泡の吹きこぼれ注意!

生ジョッキ缶は温度が低すぎると泡が出ないものの、逆に温度が高くなると大量の泡が発生して吹きこぼれてしまいます。

12℃以上になると泡が吹きこぼれやすくなるということなので、常温で保管していた生ジョッキ缶を飲む際には、いったん冷蔵庫で冷やして飲むようにしましょう。

スーパードライの生ジョッキ缶を数本飲んだ時点での感想

・買ってすぐに飲むな、泡を吹く
・すぐに飲まないなら缶を放置するな、泡を吹く
・温度管理は通常缶よりも厳密に、温まると泡を吹く
・開缶時は周囲に注意、泡を吹く
・開缶したらすぐに一口飲め、泡を吹く
・基本として泡は吹くものと思え

タイトルとURLをコピーしました