有田玲子wikiプロフィール|ドライアイの眼科医であさイチ出演!

スポンサーリンク
未分類

有田玲子医師は眼科を専門とするお医者さんで、目の病気の中でもマイボーム腺異常によるドライアイの治療に定評がああります。

「あさイチ」や「ガッテン!」などのテレビ番組にもたびたび出演をしている有田玲子医師の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

有田玲子医師のドライアイ治療がすごい!

有田玲子医師はドライアイ治療を得意とする眼科医ですが、ドライアイとは眼が乾燥することよって眼の違和感や痛みなどの症状を招く疾患のこととされています。

涙のなかの水分の分泌が減少している場合にドライアイとなってしまうだけではなく、
他にも涙が乾くのを防止する脂が減少していることが原因でドライアイになることもあります。

この脂は上下のまぶたの中にある「マイボーム腺」という器官から分泌されていますが、
ドライアイ患者の中にはマイボーム腺が消失していたり、少なくなったり、短くなったりしてしまうといった原因によって脂が分泌されにくくなり、涙が乾いてドライアイになっている方がいるそうです。

他にも、マイボーム腺がくねくねと曲がっていたり、そもそも脂の「質」が悪くなってドロドロになることでマイボーム腺が詰まってしまい、脂の分泌が妨げられているケースもあります。

マイボーム腺の脂質が悪くなってしまう要因としては食生活の乱れがかかわっているようです。

有田玲子医師の元には日本全国から問い合わせがくるだけではなく英語にも翻訳されている有田玲子医師の論文を読んでベトナムからも問合わせが来たり、韓国から患者さんが来たことも。

眼科医としてキャリアをスタートさせている有田玲子医師はは、初めての学会発表や英語論文も全てドライアイやマイボーム腺に関するもので、
視力をつかさどる重要な組織である「角膜」を守るためには涙が必要で、角膜と涙、角膜とドライアイは切っても切り離せない関係があります。

有田玲子の病院の場所はどこ?

有田玲子医師は普段はもともと父親が内科をしてる伊藤医院で副院長を務めていて、
週に2日のスケジュールで眼科の診察をしています。

〒337-0042埼玉県さいたま市見沼区大字南中野626-11
TEL:048-686-5588

点眼で改善しないドライアイに悩んでいる患者さまへ
「アブラ不足のドライアイではありませんか?」
今までドライアイと診断されていて、いくら点眼しても改善しなかった、もしくは、点眼した瞬間だけ改善したが、すぐに効果がなくなってしまった、などで悩んできた患者さんは、もしかしたら「油不足の ドライアイ」かもしれません。
油不足のドライアイはほとんどの場合、マイボーム腺機能不全(meibomian gland dysfunction, MGD)が原因です。
http://www.itoh-clinic.com/eye/index.html

有田玲子wikiプロフィール

1994年 京都府立医科大学 卒業
1997年 大阪大学細胞生体工学センター(染色体機能構造分野)留学
2001年 京都府立医科大学大学院博士課程修了

有田玲子医師は、内科医をしていた父の影響もあり、小学生くらいの頃には自然と医師への道を志していたそうです。

文章を書くことが好きだったので、作家になりたいと考えたこともあったそうですが、
なぜ眼科を専攻したのかというと、日本の眼科で権威とされる木下茂先生の影響が大きかったようです。

有田玲子医師が在学中に木下茂先生が赴任してくるということで、
木下先生の下で眼科の医局が新しい組織としてゼロから実績を積み上げていきたいと思い眼科を専攻します。

他にも、純粋に眼の世界を美しいと感じていたそうです。

特に健康な涙は本当にキラキラしていてとても美しく眼の表面にある角膜は体の中でも特に繊細な組織。

ドライアイなどで角膜が傷ついてしまうと、強く痛みを感じてしまうので、
このような悩みを持つ人に対して何か手助けができればと眼科に魅力を感じていたそうです。

■有田玲子の眼科専門分野
ドライアイ
マイボーム腺機能不全(LIME研究会:代表世話人)
コンタクトレンズ

有田玲子の経歴

有田玲子医師は大学院を修了後は慶應義塾大学の山田昌和先生のもとに助手として働き始めています。

アメリカ留学から戻ってきたばかりの山田先生から
「マイボーム腺を専門にしている眼科医は世界でも数人しかいないので、マイボーム腺を専門にしてみては」
とアドバイスを受けたことがきっかけで、マイボーム腺に関する研究を専門的に行うようになります。

2012年には、マイボーム腺に関する病気の研究や、治療の質の向上と普及を目的としLIME(Lid and meibomian gland working group)研究会を立ち上げ、
当初は7人しかいなかった研究会も現在は数十人も在籍する規模となっているそうです。

有田玲子医師は現在は慶応病院から父親の経営する伊藤医院眼科で副院長を務めています。

■有田玲子医師の職歴

2002年 慶應義塾大学眼科助手
2005年 伊藤医院眼科副院長
2007年 東京大学眼科臨床研究員ドライアイ外来主任
2011年 慶應義塾大学眼科講師(非常勤)
2012年 慶應義塾大学付属病院MGD外来主任

■有田玲子医師はの受賞歴
2009 ドライアイリサーチアワード
2009 日本角膜学会ベスト研究者賞
2016 最高インパクトファクター賞

■有田玲子医師の出演テレビ
【ガッテン!】(NHK総合)
【美と若さの新常識】(NHK BSプレミアム)
【ワールドビジネスサテライト】(テレビ東京系列)

有田玲子のツイッターやインスタグラム

有田玲子医師ははツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

有田玲子の高校や大学など学歴は?

有田玲子医師はは京都府立医科大学・大学院を卒業し、
同じく京都府立医科大学で研修医を経験しています。

有田玲子の結婚した旦那(夫)は?子供はいる?

有田玲子医師は父親の運営する病院が「伊藤医院」ということもあり苗字が変わっています。

つまりすでに結婚をされていると考えられますが、子供がいるかどうかについては現在も調査中です。

有田玲子の年収は?

有田玲子医師は自らがゼロから開業したわけではないものの個人クリニックので副院長を務めています。

一般的に病院の勤務医よりも開業医のほうが年収は高くなるとされていて、平均的には病院の勤務医でも年収は1000万円を超えるのが平均的。

有田玲子医師はそれよりもさらに年収は高くなるとみられ、ほかにもメディア出演などもありますから、年収は2000万円以上はあるとみてよいんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました