コンビ・ホワイトレーベル[THE S Air]ZB-690の口コミ・型落ち比較

スポンサーリンク
チャイルドシート

コンビのホワイトレーベル「THE S Air」ZB-690はISOFIX対応でコンビの独自開発による衝撃吸収クッション「エッグショック」が使用されています。

「THE S Air」シリーズではさらに吸水速乾素材であるCOOLMAXが採用され汗で蒸れにくく、赤ちゃんの居場所をより快適かつ清潔に保てるようになりました。

UVカット生地を使ったサンシェードで車内でも赤ちゃんを紫外線から守ってくれるほか、新安全規則である次世代基準・R129にも対応にも型落ち品とは違い途中で買い替えを迫られることもなく、長く使い続けることができます。

【コンビ】THE S(ザ・エス) ISOFIX エッグショックZB(チャイルドシート)

【コンビ「THE S Air」ZB-690の規格】

■使用期間:
後向き/身長40cm~105cmまで
前向き/身長76cmかつ月齢15カ月以上~105cmまで
※体重19.0kgを超えるお子さまには使用できません。(参考:新生児~4才頃)

■製品サイズ:
後向き:W440mm × D680mm~810mm × H630mm~740mm
前向き:W440mm × D670mm × H650mm~825mm

スポンサーリンク

コンビ「THE S Air」ZB-690の価格・グレード

コンビ ホワイトレーベルの価格と装備の違いは下記のとおりです。

■ZB-750(プレミアムモデル) 75,000円+税
大型スリープシェル(メッシュ窓付き)⇒前面と上方の2ヶ所がメッシュ
インナークッション:3Dオーバルメッシュ※+COOLMAX
エッグショック:頭部、座面左右
肩ベルトカバー:素材ピーチスキン※2(中綿あり)

■ZB-690(スタンダードモデル) 69,000円+税
インナークッション:3Dメッシュ+もちふわクッション
エッグショック:頭部
肩ベルトカバー:素材ニット(中綿なし)

■ZB-690(エアーモデル) 69,000円+税
大型スリープシェル(メッシュ窓)⇒上方の1ヶ所がメッシュ
インナークッション:3Dメッシュ+COOLMAX
エッグショック:頭部
肩ベルトカバー:素材3Dメッシュ(中綿なし)

コンビ「THE S Air」ZB-690は安全R129に対応

コンビ「THE S Air」ZB-690は従来の安全基準「R44」からさらなる新しい規格を盛り込んだ次世代の安全基準「R129」に対応。

R129(i-Size)とはISO-FIX乳児用チャイルドシートに関わる欧州最新の安全基準

新安全基準R129では月齢15か月未満まで、もしくは15か月以上でも体重13kgに達するまではチャイルドシートの後ろ向き装着が義務化されました。

従来の基準だと「1歳過ぎたら前向き」でしたが、少なくとも3か月は後ろ向き装着義務の期間が長くなったので注意が必要です。

もちろん月齢15か月以上・体重13㎏以上でも不安があれば、チャイルドシートの後ろ向き装着を続ける分には何の問題もなく、
コンビ「THE S Air」ZB-690では事故の衝撃を分散しやすい“後向き使用”を身長105cmまで成長するまで続けられるようになりました。

THE S<ザ・エス>の従来品は後向き使用が身長87cmまでだったのに対して、コンビ「THE S Air」ZB-690は新生児~4才頃まで後ろ向き装着が可能となっています。

コンビ「THE S Air」ZB-690は抜群の衝撃吸収力

コンビ「THE S Air」ZB-690には卵を落としても割れないほどの超吸収力を誇る「エッグショック」が採用されています。

プレミアムだと頭部だけでなく座面にも搭載されより安全性が高くなっています。

コンビ「THE S Air」ZB-690ではもしもの時を想定し、製造段階でより多くのセンサーが付いたダミー人形を使用して、衝突試験も実施しています。

より精密に赤ちゃんのカラダにかかる負荷を算出し、「3層サイドプロテクション」「トラス構造&クラッシャブル構造」「エッグショック」で衝撃をで360°全方位に渡って最小限に食い止める構造となっています。

クラッシュブル構造とは、キャビンの前後に位置するトランクルームやエンジンルームを潰れやすい構造とし、万一の衝突時に衝撃を吸収するようにしたモノコックボディ構造の一種のこと。

進行方向に対して後向きに装着する「向き合えるベッド型」なら背中の広い面で衝撃を分散できます。

できるだけ長く「背中で守る」ことが理想の安全のカタチが追及されていて、使用時は背もたれと座面の内角が150°以上寝かせられる構造となっています。

もしもの事故は前からの衝突が8割。後向きな、衝撃の大半を背中の広い面で受け止めることができます。

向き取付は後部座席でママと向き合えるから、赤ちゃんがぐずった時にもあやしやすいですし、
もちろん、前向きは従来と変わらず身長76cm~105cmで使用できるので、大きくなったら好きな向きを選ぶことができます。

コンビ「THE S Air」ZB-690は360度回転で乗り降り楽々

コンビ「THE S Air」ZB-690は安全性の向上に加えて使いやすさも追及した360°回転型チャイルドシートです。

片手でクルッと360°回転できるほかどのリクライニング角度でも静かでスムーズに回転できます。

従来から360°回転できるチャイルドシートはありましたが、回転レバーが子供も頭の後方にあるタイプが多くみられました。

そのため、両手で捜査しないと、やりにくい仕様が多かったのに対して、コンビ「THE S Air」ZB-690はチャイルドシートの子供の足元に回転レバーがあります。

コンパクト設計でチャイルドシート本体そのものが伸縮する仕様になっていることから、赤ちゃんの成長に合わせて車内を広々つかうことができます。

ドア側にクルッとまわすとシートが簡易ロック「ラク乗せポジション」でママひとりでもそれほど大きな負担おmなく安心して赤ちゃんの乗せ降ろしが出来ます。

■チャイルドシートのセパレート構造のメリット
1.ベースだけで取付が出来るから、軽くて車への取付けがしやすいです。また、コネクタ部分がハッキリと見えるから、確実に取付が出来ます。
2.シートを外して広いスペースでカバーのお手入れや取外しが出来るので、いつでも清潔に保てます。
3.夏場など車内が暑くなる日はシートを取外してお部屋へ持ち込んでおけるから、お出かけ時はいつも快適です。

チャイルドシートのベースとシートが2つに分かれるセパレート構造は、お手入れもラクラク。

2ステップで簡単に取り付け可能なので、パパがいないときにもママ一人で確実に取り付けができます。実はしっかりと取付けたつもりでも、40%以上の取付ミスがあると言われています。

コンビ「THE S Air」ZB-690なら汗で蒸れない高通気性

コンビ「THE S Air」ZB-690ではムレを防いでくれる吸水速乾素材「COOLMAXR」が使用されています。

赤ちゃんの平均体温は大人よりも高めな上に、周囲の気温によってかなり体温の上下が大きくなります。

大人では暑さを感じない室温でも、赤ちゃんはあせびっ所になっていることもあり、チャイルドシートの通気性を保つのは意外と重要な問題です。

コンビ「THE S Air」ZB-690なら様々な方向から空気を取り込めるように配慮されています。

コンビ「THE S Air」ZB-690は丸洗い可で清潔

コンビ「THE S Air」ZB-690はシートからクッションまで、ほとんどの部品を分解して外すことができます。

赤ちゃんの汗やよだれ、おしっこ漏れやお菓子の食べかすなど、チャイルドシートにたまった汚れをより確実に洗い落とすことができます。

コンビ「THE S Air」ZB-690はリクライニングで赤ちゃんも快適

コンビ「THE S Air」ZB-690は片手でカンタンに操作できる5段階リクライニングで赤ちゃんを快適な姿勢に保てます。

赤ちゃんにはそれぞれお気に入りの寝る角度があり、月齢によっても良く眠ってくれる角度は微妙に異なってきます。

高速道路を走行中など、どんなにぐずっても赤ちゃんを抱っこするわけにはいかない状況で、リクライニングを調節して落ち着いてくれるとママも一安心ですね。

コンビ「THE S Air」ZB-690と型落ち(ZAシリーズ)との比較

コンビ「THE S Air」ZB-690の型落ちは、「コンビ ホワイトレーベル THE S ISOFIX エッグショック ZA-670」になります。

型落ち品と比べると、インナークッション:ZAシリーズと比較して、コンビ「THE S Air」ZB-690はシート・クッションの綿の量が1.5倍に増え、構造も外周サイズはコンパクトながら赤ちゃんの居住空間はひろびろ形状をしています。

決定的な違いはコンビ「THE S Air」ZB-690は正式に新安全基準R129に対応している点。

型落ち品は近い将来、安全基準適応外とみなされる可能性が高く、また使用後にチャイルドシートをメルカリなどで転売しようにも買い手がつかない可能性が高いので、コンビ「THE S Air」ZB-690をを選んでおいたほうが良さそうです。

【型落ち「コンビ ホワイトレーベル THE S ISOFIX エッグショック ZA-670」仕様】
■対象体重(身長)
後向き:身長40cm-87cm
前向き:身長76cmかつ月齢15カ月以上-105cmまで
※体重19.0kg以下

■シートタイプ
回転式

■その他の機能
吸水速乾素材「COOLMAX」採用
大型スリープシェル(メッシュ窓付)搭載
肩ベルトカバー(3Dメッシュ)採用

■メーカー希望価格
67,000円+税

コンビ「THE S Air」ZB-690と競合製品(クルムーヴ スマート)との比較

コンビ「THE S Air」ZB-690の競合商品に当たるのは、同じメーカーから発売されている「ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600」になります。

シートカバーは丸ごと取り外し可能で、クルムーヴは頭と腰のパッドだけではなく、本体に付いているシートカバーも取り外し出来ます。

頭部クッションには押し当てるだけで瞬時に吸水してくれる吸水性抜群の「1秒タオル」が使用され汗っかき&お肌の敏感な赤ちゃんにやさしく安心です。

光と音をさえぎってくれる「スリープシェル」で眠りに理想的な環境に整えてくれます。

シガーソケットに差し込むファンで空気の流れを作り出電動式のファンでさらに熱がこもりにくくしてくれます。

リクライニング機能は3段階角度が調整出来て、動きも滑らかなので使いやすいものの、
ボタンは赤ちゃんの足元にある回転ボタンの隣にあり、ボタンを押しながら動か差なければいけません。

「クルリラAC」でコンビ「THE S Air」ZB-690と同じく360度回転はできるセパレート構造となっていますが、
リクライニングの位置「5~7」に合わせ置かないと回転出来ない仕様になっていて、赤ちゃんを寝かせたままでは回転出来ません。

起こしてはターンするのは面倒ですし、せっかく眠っている赤ちゃんを起こしてしまいかねません。

コンビ「THE S Air」ZB-690の仕様まとめ

次世代の安全基準R129適合
シートカバーからクッションまで主要パーツは丸ごと取り外して洗える
吸水速乾素材「COOLMAXR」がムレを防ぐ
セパレート&コンパクト構造で取付けも、お手入れも、とってもカンタン。
ラク乗せポジションでグラつかないから、ひとりでも乗せ降ろしカンタン。
大型スリープシェルで足元まですっぽり覆える大型幌で快適な空間を作れます。
もちふわクッションで肌触りのよいクッションで、敏感な赤ちゃんの肌にもやさしくフィットします。
ヨコの衝撃もしっかりガードで3層サイドプロテクションとトラス構造&クラッシャブル構造採用。
超衝撃吸収素材エッグショック搭載でわずかな振動も吸収。
エアースルーシステムで全面メッシュシートと無数の通気孔により、高い通気性
ワンハンドターンで片手でラクラク360度回転。
ワンハンドリクライニングで片手でラクラク前後5段階のリクライニング。
イージームーブレストで成長に合わせて8段階調できるヘッドガード。 調整方法も、レバーを上げてスライドするだけで、調整可能

タイトルとURLをコピーしました