ハリーポッターがが生き返った理由は死の秘宝(蘇りの石)?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「ハリーポッター 死の秘宝 パート2」でハリーは森に入るとヴォルデモートに命を奪われます

死の呪文を受けたはずなのに、どうして生き返ることができたんでしょうか?

「炎のゴブレット」でヴォルデモートが蘇った時に、ハリーの血が使われた事により、ヴォルデモートがハリーの分霊箱となったから?

スポンサーリンク

ハリーポッターがが生き返った理由は死の秘宝(蘇りの石)?

ハリーが生き返った(死ななかった)理由は、まずハリーが赤ん坊の時に、ヴォルデモートの魂の一部が入り込みました。これでヴォルデモートの分霊箱となりましたが、ヴォルデモート本人すら意図していなかった事故のようなもの。

ハリーはヴォルデモートが予期せず作ってしまった七つ目の分霊箱となっています。

ヴォルデモートは度重なる分霊箱の作成によって魂が極めて不安定な状態になっていました(異形な姿になったのもそのため)。

その状態でハリーを守ろうとしたリリーを殺した事で分霊箱を作る条件(罪なき者を殺す)を意図せずに満たしてしまうことになります。

そうとは知らずにヴォルデモートがハリーの両親を殺したあの晩、ハリーを襲い呪文を跳ね返され肉体を失った事で、砕けた魂の一部が傍にいた唯一の生ける存在、すなわちハリーに引き寄せられ入り込んでしまったのです。

ハリーにかけられた死の呪文が奴に跳ね返り肉体が滅びた時、ヴォルデモートの魂の一部がハリーの中に入り込んだのです。

そして、ヴォルデモートは「炎のゴブレット」で蘇る際にハリーの血を使い、その身に取り込んでいます。

本来はハリーが成人したら効力を失うはずだった 「ハリーの全てを護る」というリリーの守護魔法が、ヴォルデモートの内部で保管され活き続けることになったのです。

ヴォルデモートが生きている限り、ハリーは死なないのです。ヴォルデモート自身がハリーのホークラックスのような役目を持つようになっていたから。

死の呪文はハリーの中にあるヴォルデモートの魂のみを殺しました。ハリー自身は無傷です。

ヴォルテモートがハリーに向けた「ニワトコの杖」が 実は ハリーを自分の所有権を持つ本当の持ち主だと認識・忠誠心を持っていたため ヴォルテモートの呪いがハリーに対しては正常に働かず、 ハリーの身体の中にあったヴォルテモートの魂のかけら(ホークラックス)だけを破壊したからでしょう。

ヴォルデモートが復活する際、「敵の血」としてハリーの血を数滴いれた理由は、ハリーに触れることができるようになるため。

それまでは「ハリーの母の守り」がハリーの血の中にあるため、触れることができませんでした。

しかし、それを聞いたダンブルドアは一瞬勝ち誇った顔をします。(4巻の最後の方です)

ヴォルデモートの中に「ハリーの母の守り」の血が入ってしまったのです。ダンブルドアはこの時点で「ハリーは死ななくてもすむかもしれない」と思ったのです。

ヴォルデモートにアバタケダブラをかけかれたハリーがその後に行った白い世界ではヴォルデモートの弱った姿がありましたが、あの白い世界にあった弱り切った醜い姿のヴォルデモートの正体は、ハリーの中にあった彼の魂です。

ちなみに、分霊箱の一つであるナギニが生きているのに、ハリーはなぜあのタイミングでヴォルデモートに殺されに行ったのかというと、ヴォルデモートのもとへ向かう直前に、ネビルにナギニを殺すように念を押しています。自分がいなくなった後の戦いは、彼に託したのでしょう。

ハリーとヴォルデモートの因縁の始まりとなった予言の内容を、ハリーは知っています。自分とネビルが紙一重で運命を分かち、もしかしたらネビルこそが選ばれし勇者だったかもしれない事実を。

ネビルでもヴォルデモートを倒せると信頼していたのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました