ラベンダー・ブラウンは死亡(死んだ)?グレイバック食べられる?ハリーポッター

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ラベンダー・ブラウンは、ロン・ウィーズリーと一時は恋人同士のような関係となりました。

ただ最終的にはグレイバック食べらて死んだ(?)ようなシーンを最後に姿を見せなくなりますが、ラベンダー・ブラウンの生死は?

スポンサーリンク

ラベンダー・ブラウンは死亡(死んだ)?グレイバック食べられる?ハリーポッター

「ハリーポッターと死の秘宝PART2」で原作では、ハーマイオニーが呪文ででグレイバックを吹っ飛ばして、ラベンダーを助けるのですが、映画では画面上では生死ははっきりしませんでした。

ただ最後のほうではパーバティとトレローニー先生が「(ラベンダーが)死んでしまった・・」と言っていることから最終的には命を落としてしまったんでしょう。

ちなみに、ラベンダーブラウンを襲っていた狼人間はフェンリール・グレイバックというアウトローの賞金稼ぎ集団「ひとさらい」のリーダー。

“現存する狼人間の中で最も残酷とされる男で、闇の陣営側の狼人間のリーダー的存在。死喰い人の一員でもある(ただし彼の腕に闇の印はない)。「狼人間は人の血を流す権利がある」という考えを持ち、「魔法使いの子供を噛んで狼人間、そして死喰い人にすること」を任務とする。”

“子供を狙うという特性から、ヴォルデモートによって対抗勢力への脅しに利用された。幼少のリーマス・ルーピンを噛み、狼人間へ変えた張本人である。また6巻では数名の死喰い人と共にホグワーツ城へ侵入し、不死鳥の騎士団と交戦するが、その際にビル・ウィーズリーを噛んでいる。尤も、ビルを噛んだ時は狼の姿に変身していなかったため、ビルに目立った後遺症はなかった(ステーキのレアを好むようになった程度である)。”

ラベンダーはロン・ウィーズリーの恋人でハリーの1学年下だから、戦いには参加できない未成年のはず。

それにもかかわらず残酷な形で殺されてしまい、ハーマイオニーも助けることができなかった点について、映画版では戦争の残酷さの演出に使われたような印象画の起こり後味の悪さを感じる人も多いようです。

タイトルとURLをコピーしました