春間豪太郎の大学や年収などwiki調査!リアルRPG冒険家

スポンサーリンク
0未分類

春間豪太郎さんはもともと海外旅行経験すらほとんどなかったにもかかわらず冒険に目覚めると、現在はリアルRPG冒険家として世界各地を冒険。

最初の冒険はフィリピンで親友を探すことで、そのエピソードが5chで大いに話題となった春間豪太郎さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

春間豪太郎wikiプロフィール

草原を馬と旅した時の動画詰め合わせ

名前:春間豪太郎

生年月日:1990年9月11日

年齢:31歳

最終学歴:大阪教育大学教育学部数学専攻

職業:冒険家、IT企業の契約社員

資格:船舶衛生管理者、気象予報士、小型船舶一級、応用情報処理技術者

スキル:語学(英語、フランス語、アラビア語、ロシア語ほか)、歌舞伎町などでのキャッチ経験により身に付けた交渉力、キックボクシング

春間豪太郎さんは行方不明になった友達を探しにフィリピンへ行ったことが、ことに冒険に目覚めるきっかけとなりました。

大学2年当時は海外に興味なんてなかったし、危ないというイメージの方が強く海外なんて高1の時に研修旅行でニュージーランドに行った程度。

ところが、京都に住む中学校時代からの親友・リッキーに久しぶりに会いに行ったところリッキーの父親に「ムスコヲサガシテクレ(息子を探してくれ)」と片言の日本語で依頼を受けます。

単身でフィリピンに乗り込むと探す手がかりは半年前の滞在場所と写真のみという状態から親友捜索をしますが、
その破天荒な冒険の記録を電子掲示板「5ちゃんねる」でアップしたところ、「愛すべきバカ」などと絶賛の嵐。

その後も「行商人やキャラバンに憧れたからモロッコでロバと一緒に放浪の旅を始めたバカだけど」などが話題を呼び、「まとめ掲示板」で首位を独占し伝説的な人物となりました。

モロッコでは暴れロバ「モカ」に、荷車を引かせ、小猫、犬、鶏たちや黄金の鳩らと、徒歩で1059kmモロッコを横断した実話冒険記。

エジプトの砂漠を渡るべく、ラクダ飼いの見習いに行き、時には蛆虫の沸いた肉を食べ、泥水で生活するような冒険譚。

卓越した行動力の一方で、キックボクシング、ライフル、護身術を会得するなどじつに用意周到な準備もしています。

春間豪太郎の経歴

春間豪太郎さんは2019年の冒険のコンセプトとして「海賊王」を目指すことに。

1級船舶免許も取得すると同時に、海賊王にふさわしい航海士でもある必要があることから、天候の勉強をして気象予報士の資格を取得。

中古のヨットを30万円で購入し、1年前からアパートで飼育していたインコと共に5,240kmの航海を経て日本一周を達成する。

2020年にはラクダと共に、1,311kmに及ぶチュニジア周遊及び砂漠横断の冒険しています。

春間豪太郎の本

■草原の国キルギスで勇者になった男

満たされぬ日々を送っていた学生時代、突如、冒険に開眼した〈おれ〉は「ゼルダの伝説」に憧れ、中央アジアのキルギスに降り立つ。臆病馬と秘境探索、イヌワシとの共同生活、お転婆羊と極寒の雪山闊歩、そして、誘拐婚に遭遇……。己のスキルと最新ガジェットを武器に、難敵に挑む。これぞ、リアルRPG。新時代の冒険譚だ!

■-リアルRPG譚-行商人に憧れて、ロバとモロッコを1000km歩いた男の冒険

エジプトの砂漠を渡るべく、ラクダ飼いの見習いになったら死にかけたり、モロッコを横断するため、変態ロバや鳥たちと行商したり…。行方不明の親友を海外へ探しに行ったことから始まる、著者の冒険譚。

春間豪太郎のツイッターやインスタグラム

春間豪太郎のツイッター
@goharumarpg

春間豪太郎の公式HP

春間豪太郎のyoutube
リアルRPGキャラバン / 春間豪太郎

春間豪太郎の高校や大学など学歴は?

春間豪太郎さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、中学3年の時には毎日20時間以上し、古文単語帳を1冊丸暗記するほどの猛勉強を重ねて京都府で一番偏差値の高い高校に進学したそうです。

公立高校なら京都市立堀川高等学校、私立学校も含めると洛南高等学校が春間豪太郎さんの高校になりそうですね。

高校時代にIQテストも受けていて記憶力は高いらしくIQは136という頭脳の持ち主であることから、試験を受ければ十分にMENSA会員になることもできそうですね。

大阪教育大学教育学部を卒業していますが、2021年年4月からまた大学に通っています。

極地を冒険しやすくするために自分でデバイスを作れるようにとロボットの製作スキルを学びます。

そんな春間豪太郎さんは高校生の頃には両親とのコミュニケーションが破綻し、家の離れにある空き家で半ば一人暮らしを経験しています。

春間豪太郎の彼女は?

春間豪太郎さんの作品には「アレー」という名前のロシア人女性が登場します。

キルギスへ向かう途中、カザフスタンのバス待合室で出会った女性で、キルギスではロシア語が必須となることからロシア語の練習に付き合ってもらっています。

そんなアレーから「キルギスに行くのを遅らせて、1週間だけでもカザフスタンを一緒に回って欲しい」と提案されるほどかなり仲良くなり、心の距離も近づいていた春間豪太郎さん。

アレーと一緒にモーテルに泊まった深夜、シャワーを浴びて出てくると、アレーが「ロシア語を教えたお礼をして欲しい」と言ってきたそうですが、、、

春間豪太郎さんとアレーのその後の関係はどうなったのか!?「草原の国キルギスで勇者になった男」の中でその様子が赤裸々にまとめられています。

タイトルとURLをコピーしました