林璃菜子の高校や両親をwiki調査!小学校は?飛び級で京大合格

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

林璃菜子さんは高校2年生の時に京都大学医学部に飛び級で合格した天才。

17歳にして京大に通うことになった林璃菜子さんの両親や出身高校など気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

林璃菜子wikiプロフィール

名前:林璃菜子

出身地:愛知県名古屋市

生年月日:2004年(早生まれ)

年齢:17歳(2021年)

林璃菜子さんは京都大学が飛び級で合格できる制度を採用してから、第1号の飛び級合格者となりました。

ちなみに、京大に飛び級入学するには以下のような条件が課されています。

・高等学校又は中等教育学校を令和3年3月卒業見込みの者

・国内の国際バカロレア認定校(DP)を令和2年4月から令和3年3月までに卒業又は卒業見込みの者

・国際科学オリンピック(数学、物理、化学、生物)日本代表として世界大会に出場した者で、高等学校又は中等教育学校を令和4年3月卒業見込みの者

・国際科学オリンピック(数学、物理、化学、生物)日本代表として世界大会に出場した者で、国内の国際バカロレア認定校(DP)を令和3年4月から令和4年3月までに卒業見込みの者

・文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程又は相当する課程を有するものとして認定又は指定した在外教育施設の当該課程を令和2年4月から令和3年3月までに修了又は修了見込みの者

引用:https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/admissions/tokusyoku/faq

林璃菜子の勉強法がすごい!

林璃菜子さんの勉強法はいたってシンプルです。

「集中力が続く限り」机に向かう。」

というもので、塾にも通わず自宅や学校での独学が主な勉強法となています。

そんな林璃菜子さんの過去の経歴や受賞歴は下記になっています。

数学甲子園2017年準優勝(2018年、2019本選出場)

国際地理オリンピック日本委員会(JGeO)2018本選出場、2021年銀賞

ESO’2019年,’2000年本選出場

JChO2019年銀賞

国際化学オリンピック(IChO)2020年 銀メダル

数学オリンピック 国内大会(JMO)2020本選出場

全国物理コンテスト 物理チャレンジ!(JPhO)2020年銅賞

国際物理オリンピック(IPhO)2021年代表候補

国際生物学オリンピック(JBO)2020年本戦出場

数理の翼 40th

ELCAS2020

英検1級

様々な科目の大会で優秀な成績を収め、物理では代表候補になっていますが、なかでも「反応式を書くのがすごく楽しそう」と化学が好きだと話しています。

ちなみに、高校3年次に出場する予定だった『2021年の国際物理オリンピック』は、飛び級で大学に入学した事により出場資格がなくなり代表候補を辞退されています。

銀メダルを獲得した国際化学オリンピックでは次のようなコメントを遺しています。

●南山高等・中学校女子部の林璃菜子さん

この指導を受け、第52回国際化学オリンピックトルコ大会に参加した4人のうちの1人、南山高等・中学校女子部の林璃菜子さんは、「小学生の頃に炎色反応や有色イオンのきれいな写真を見て、化学に興味をもつようになりました。皆と集まって一緒に化学を学べるのを楽しみにしていたのに、 一人で勉強することになってしまい残念でしたが、ウェブ会議システムを使ってOB・OGの方や、大学の先生などたくさんの方のサポートを受けられたので、不安は感じませんでした。 試験当日は、4人全員が東京で一緒に受けることができてよかったです。閉会式はYouTubeでしたが、銀メダル受賞者に自分の名前を見つけたときには、自分の成長を実感し、支えてくださった皆さんへの感謝の気持ちで一杯になりました。 これからも化学の世界につながっていたいと思います。」と振り返りました。
https://www.jst.go.jp/cpse/contest/newsletter/vol20/index3.html

林璃菜子のツイッターやインスタグラム

林璃菜子のツイッター
@hayarinachan

林璃菜子のインスタグラム

林璃菜子のフェイスブック

林璃菜子の高校や中学は?

林璃菜子さんの出身高校は、南山高等学校女子部です。

私立中高一貫校なので、林璃菜子さんの出身中学校は南山高等中学校女子部であると思われます。

愛知県最でも有数の名門私立女子校で、地元の名古屋大学をはじめ東大・京大に毎年多くの卒業生を送り出しているほか、慶應・早稲田など多く進学しています。

ちなみに林璃菜子さんは高校在学中、第15回全国高等学校囲碁選抜大会の団体戦で準優勝しています。

南山高等学校女子部の卒業生には、「東大王」にも何度か出演したことがある2017年のミス東大準グランプリの大野南香さんなどがいます。

林璃菜子の両親は?父親・母親は?

林璃菜子さんが幼いころに勉強する様子を両親が写真に収めていました。

お世辞にも良い姿勢とは言えませんが、どんなやり方だろうが、それで勉強に集中して打ち込めるのであれば結果オーライといった所ではないでしょうか。

おそらくは、林璃菜子さんの場合も両親の協力のもと、自分の部屋だけで勉強をするのではなくリビング学習で学力を培ったんじゃないかと思います。

他にも小学生の時に行ったテストも母親のiPadにたくさん入っていた様です。

どんなご両親なのかとても気になるところですが、林璃菜子さんの母親も父親も、名前や職業、学歴など詳しい情報は一切、明らかになっていません。

娘の薄井紗良さんがハーバード大学に合格した薄井シンシアさんや、同じく娘の廣津留すみれさんがハーバード大学に現役合格しバイオリニストでもある廣津留真理教育本を出版しているように、子供が学業で類いまれな実績をあげると、教育ママとして世に出てくるケースも多いですが、林璃菜子さんの両親はその反対にメディアには今のところ一切、顔出しをしていません。

最年少数学検定1級を取得した高橋洋翔さんの両親と似ていますね。

林璃菜子が京大に飛び級合格でネットの反応は?

京大医学部に飛び級で入学 集中力が続く限り机に向かう

林璃菜子さん(17)は今春、京都大学医学部医学科に飛び級で入学した。国際化学オリンピック日本代表としてメダルを獲得するなど、数々の大会で優秀な成績を収めてきたが、飛び級合格は予想外だったという。「ノーベル賞受賞者が多く、医学の研究が強いイメージ」だった京大で、研究医になることをめざす。

京都大学への合格を知ったときは、まだ高校2年生だった。今春、多くの同級生より1年早く、医学部に飛び級で入学した。

 「学べる時間が長くなる。チャンスがあるなら受けてみよう」と挑戦したものの、合格は予想外だった。「本当に受かるんだ、と自分が一番びっくりしました」

 化学の知識や技能を高校生が競う「国際化学オリンピック」の日本代表として、60カ国・地域の若者が参加する世界大会に出場し、銀メダルを獲得。「特色入試」として同学部が2016年度入学の試験から設けた資格を満たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c53b2136c9598adff2259fe86f301de6b4b9357
コメント

以前、千葉大工学部に飛び入した生徒さんが、いまはダンプカーの運転手をやり幸せに家族を養っているという記事を見た。
人間万事塞翁が馬、焦らずに周りも騒がずに、自分の幸せを見つけてほしい。

コメント

彼女のような人が思う存分に学べる環境を、日本の他の大学でも作ってほしい。
義務教育のうちは飛び級は難しいのかもしれないけど、せめて算数は習熟度別の学びを学校でもできるとよいのに。

コメント

真の天才型の方だと思えてきます。こういう人の支援を文部科学省はどんどんすべきです。
本当に優秀な人って集中力と理解力が半端ないんだよな。東大に入った知人は本屋で立ち読みして一週間ほどで、その内容を殆ど覚えてたからな。
今だと迷惑がられるような事だが、20年ほど前はまだ立ち読みして叱られるような事もなかったので、そういった事が出来たのだが、私の印象として、優秀な家庭教師をつけたり学習塾に行かなくても、本当に優秀な人間はその環境の中で頭角を現してくる。
子供を育てる時、良い教育環境を与える事も大事だが、物事に興味を待たせるように、それとなく導いてやる事の方がより重要だと思う。

コメント

塾に行けないから学力がつかない、なんていうのはそもそもおかしな話。
優秀な子には塾は必要ない。自分で勉強するから。
少し前に、養護施設から国立大学の医学部に現役合格した女の子の記事が出ていました。
もちろん塾なし。参考書もほとんど持ってなかったようでした。
自分の力でコツコツと勉強を続ける優秀な学生さんには、どんどん支援をしてあげて欲しいです。

コメント

受験として勉強してるんではなくて、ホントに好きで勉強してるんだろうな。
だから受験勉強も苦痛ではなくて、楽しんで勉強してるんだろうな。

コメント

子どもが中学受験の頃、上位常連、中高でも模試上位で名前を観たことのあるお子さんですね。
医学の道に、飛び級で進学したと…
医学の発展のために貢献してもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました