アレングリーンを忍んで意味は?誰?映画ショーシャンクの空に

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「ショーシャンクの空に」は冤罪でありながら長い刑務所生活を余儀なくされた男が密かに脱獄をもくろむストーリー。

後に「アレン・グリーンを偲んで」という字幕が出てきますがアレン・グリーンとは誰?意味は?

スポンサーリンク

アレングリーンを忍んで意味は?誰?映画ショーシャンクの空に

映画「ショーシャンクの空に」ではエンドクレジットの直前に「IN MEMORY OF ALLEN GREENE」(アレン・グリーンを偲んで) という字幕が出てきますが映画の中で「アレン・グリーン」は出てきません。

アレン・グリーンという人は,監督のフランク・ダラボンの古くからの友人で,エージェントでしたが,この映画の完成直前に亡くなられました.

そしてこの映画はその彼に捧げられているのです.

■映画ショーシャンクの空にあらすじ
ティム・ロビンス演じる主人公「アンディ・デュフレーン」は、鉱物標本用の小ハンマーを使用し、何年も掛かって「ポスター」の裏に掘った穴から、下水パイプを経由して刑務所からの脱出に成功する。
そして、用意してあったスーツと皮靴を着用、通帳を持って銀行に向かい、長年刑務所長の「裏経理」で貯めた、不正蓄財のほぼ全てを引き出した上、警察にも「サミュエル・ノートン刑務所長」の不正・横暴・殺人の内容を告発して、ショーシャンク刑務所の「闇」が明るみに出る。

一方、刑務所内で、親交の厚かったモーガン・フリーマン演じる「エリス」は、仮釈放が認められ、出所し「アンディ」からのメッセージを基に、彼からのプレゼントを発見し、彼の待つ海辺の町に向かい、再会する。

タイトルとURLをコピーしました