加圧ソックスが気圧低下の頭痛に効果的?低気圧頭痛(気象病)には加圧ソックスがおすすめ?

スポンサーリンク

加圧ソックスに関してツイッターに投稿されたツイートが話題になっています。

気圧や湿度の変化によって頭痛などの体調不良が起きたり、
古傷(手術痕や傷跡)が傷む・うずくといった症状が起きることは昔から知られていましたが、
加圧ソックスによって少なくとも頭痛が軽減された!という方の投稿に、
多くの共感が寄せられています。

※この記事では、気象病で頭痛を感じやすい筆者が独自の見解をまとめています。

スポンサーリンク

加圧ソックスが低気圧頭痛(気象病)に効果がある理由は?

ツイートによると、今まで気圧が低下するたびに頭痛に悩まされていたツイ主さんが、
「加圧ソックスを履くと低気圧の頭痛が収まる」というのを目にして実践したところ、
今まで漢方薬でもダメだった頭痛がぴたりと(?)と収まったようです。

加圧ソックスでなぜ頭痛が収まったのかというと、理屈っぽく考えると、
体内の血流(血液の循環)が改善されるからだと思われます。

気圧の変化は私たちにとって身体的なストレスとなり自律神経の働きに影響を与えます。

精神的ストレス・身体的ストレスの区別なく、自律神経はストレスに対抗すべく、
交感神経の働きを活発にさせるものの、交感神経のコントロールがどうやら難しいらしく、
自律神経の働きそのものが乱れてしまい、頭痛を誘引するとされています。

長い時間をかけてゆっくりと気圧が変化する分には、自律神経への影響も小さくなるものの、
台風のように急激に気圧が変化するとその分、自律神経への影響力も強まり、
いつもよりも強い頭痛を感じる人も増えるようです。

身近な例を挙げると、健康な人でも長時間座り続けた後に立ちくらみをしたり
高層ビルのエスカレーターで一気に展望台に上ると軽い頭痛を感じたり、
飛行機で耳鳴りがするのも気圧による自律神経の乱れが関係していると言われています。

こうした背景を踏まえて加圧ソックスがなぜ気圧低下による頭痛を和らげる効果があるのかというと、
脳への血流を促してくれるからだと思われます。

人間が痛みを感じる原因の一つは血液不足で、
長く座り続けて足がしびれたり、デスクワークで肩がこるのは、
局所的に血流が悪くなってしまうからです。

加圧ソックスを履くことによって下半身に降りた血液がスムーズに上半身に戻るようにすると、
脳への血流低下を抑えることができるため、気圧低下による頭痛が和らぐのでは?と思われます。

加圧ソックスの気圧低下の頭痛に効果まとめ

加圧ソックス(着圧ソックス)は安いものだと1足1000円以内で購入することができるし、
ひざ下のむくみ改善効果も期待できるので試しに1つ購入して効果を確かめてみるのも良いと思います。

ただ加圧ソックス(着圧ソックス)というのは普通の靴下に比べて足回りに圧力をかけるので履きにくいし、
逆に履きやすいと圧力も下がるので効果も下がる側面もあるので、商品選びがポイントになります。

効果が高く評判が良い加圧ソックス(着圧ソックス)は4000円とか5000円くらいするものの、
ドクターショール フライトソックス(男女兼用)なら1000円台で購入出来て評判も上々です。

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用 むくみ

ソフトな履き心地で着圧感が強すぎず、着脱にも苦労しないのに人によっては「履いていない部分との差がハッキリ」とわかるほど。

スムーズな質感の生地で、かゆみやごわつきなどの違和感も少ないので、
肌が敏感な人でも着用しやすくなっています。

抜本的に気圧低下による頭痛を改善するには?

抜本的に気圧低下による頭痛を改善するには自律神経の乱れを改善しなければいけません。

自律神経の働きが整っていれがそもそも低気圧頭痛(気象病)に悩まされたり、
わざわざ加圧ソックスを買い揃える必要がないものの、
自律神経の乱れを直接的に改善する方法は存在しません。

そこでどうするのかというと、
自律神経と関わりの深い組織に働きかけることで、
間接的に自律神経の働きを整えていきます。

自律神経と、自律神経によってコントロールされている身体機能は、
お互いに相互作用を与え合う関係になっていて、
どちらかの働きが乱れればもう片方の働きが乱れるのに対して、
どちらかの働きを整えれば、もう片方の働きも整えることができるんです。

具体的には、

  • 深呼吸して酸素を多く取り込む
  • 生活リズム・栄養バランスを整える
  • 睡眠の質を高める
  • 腸内環境を整える

といったことを行っていきます。

深呼吸して酸素を多く取り込む

私たちが寝ている間に呼吸が止まることはないし、
どれだけびっくりしても息がとまることはありません。

自律神経が呼吸をコントロールしているわけですが、
正しい呼吸をすることで自律神経に良い効果があります。

息をたくさん吸って横隔膜を大きく上下することで、
自律神経の働きを整える効果が期待できます。

特に息を吐くときには自律神経のうち
リラックス(休息)を担っている副交感神経を刺激できると言われています。

ストレスがたまっているなぁと感じる場合は特に、
長く吐くことで副交感神経の働きを活性化すると、
ストレスによる悪影響を相殺することができます。

生活リズム・栄養バランスを整える

私たちの体は体内時計によって24時間のリズムで活動できるようにコントロールされていますが、
この体内時計をコントロールしているのは自律神経です。

生活リズムの乱れは体内時計を乱して自律神経の働きに悪影響を与えるし、
同じく栄養バランスが崩れると身体的ストレスとなって、
やはり自律神経の働きを乱してしまいます。

朝昼晩の生活リズムはできるだけ一定に保った方が良いですし、
次で説明するように睡眠の質も自律神経の働きに深く関わっているため、
夜はできるだけ早く寝て朝は早く起きるのが望ましいです。

早寝早起きの習慣は、まずは夜早く寝ることから始めると、
リズムを定着させやすくなりますよ。

睡眠の質を高める

睡眠不足は体に与える大きなストレスの一つです。

睡眠時間が短かったり、たくさん寝ても睡眠の質が悪いと、
身体にたまった疲労を十分に回復できないだけじゃなく
ストレスも癒すことができません。

イライラすることがあっても寝て起きるとすっきりするのは、
睡眠によってストレスが解消されているからなんですが、
睡眠の質が低下してしまうとストレスを解消しきれなくなり、
自律神経の働きが乱れやすい状態で1日をスタートさせることになります。

睡眠の質を高めるには脳内物質の「メラトニン」の分泌量を増やさなければいけません。

メラトニンとは眠りを司る「睡眠ホルモン」とされていて、
脳内でメラトニンの分泌量が増えるにつれて眠くなり、
メラトニンが多くなればなるほどぐっすり眠ることができます。

メラトニンは同じく脳内物質の一つでリラックスホルモンの「セロトニン」から合成されていて、
セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から合成されています。

ちなみに、ストレスを抱え過ぎると寝付きが悪くなったり、
眠りが浅くなることがありますが、ストレスを和らげるために、
メラトニンの合成に必要なセロトニンが大量に消費され、メラトニンの分泌量が減ってしまうからです。

メラトニンの分泌を促すには、規則正しい生活をするとか、
日の光を浴びるようにすることも大切なんですが、
まずはトリプトファンを中心に必要な栄養を揃えることです。

さらに、トリプトファンからセロトニン、セロトニンからメラトニンへと合成されていく過程では、
他にも様々なビタミン、ミネラルが必要になるので、結局、必要な栄養をバランスよく補わなければいけません。

普段の食事だけですべての栄養をカバーできるのが理想ですが、
現実的に考えると、栄養バランスを食事だけでしっかり整えるのは至難の業です。

1日に350g相当の野菜を食べることが厚生労働省から推奨されているものの、
日本人の平均的な1日の野菜摂取量は300g弱にとどまっています。

そこで、「睡眠の質を高める」という目的を達成するために開発された
専用のサプリメントを使うのがオススメです。

ネムリスという睡眠サプリメントには、
トリプトファンを中心に必要なビタミン・ミネラルがそろっていて、
少なくとも、栄養不足による睡眠の質低下を抑えることができます。

ネムリスの効果は筑波大学の研究機関でも立証されていて、
服用した人としない人で、睡眠の質に明らかな違いが出ることがわかっています。

気圧が急激に下がった時に頭痛んどの症状を感じる以外にも、
普段から眠気を感じやすかったり、夜中に何度も目が覚めるような場合には、ネムリスを試してみる価値はありますよ。

ネムリスは楽天などで購入することはできますが、
公式サイトで通販するのが最安値になりますよ。
↓↓↓

腸内環境を整える

腸内環境が乱れていると(胃腸の働きが弱くなっていると)、
その影響が自律神経にも及んでしまいます。

胃腸も自律神経と密接なかかわりのある機関の一つで、
どちらかの調子が悪くなるともう一方の調子まで悪くなってしまいます。

腸内環境を整えるには善玉菌と悪玉菌という
2種類の腸内細菌のバランスを正常化させることがポイントです。

腸内環境が乱れている場合、たいていは善玉菌の数が減っているのに対して悪玉菌の数が減っています。

単純に悪玉菌よりも善玉菌の数を増やすことができれば、腸内環境を整えることができます。

善玉菌を増やすには善玉菌を直接補うのが手っ取り早い方法で、
善玉菌の90%以上を占めている乳酸菌やビフィズス菌を多く含む発酵食品を食べるようにすると良いです。

ヨーグルトやキムチが代表的な発酵食品ですが、
ここで一つ致命的な問題があり、自然界に存在する乳酸菌やビフィズス菌だと熱・酸に弱いので、腸に届く前に胃で大半が死滅するという致命的な欠点があります。

さらに腸内には兆単位の善玉菌が生息しているのに対して、
ヨーグルト1つ(100g)にはせいぜい100億程度の乳酸菌しかありません。

ちなみに病院で処方される胃腸薬(ビオフェルミン)だって主な成分は乳酸菌なんですが、
何の加工もされていないので、胃酸で大半が死滅してしまいます。

そこで、腸内環境を改善しようと思ったら、
乳酸菌を大量に含んでいてなおかつ乳酸菌が腸まで届くように
設計されている乳酸菌サプリメントを使うのが良いですよ。

乳酸菌革命という乳酸菌サプリメントであれば、
乳酸菌を特殊なカプセルに閉じ込めることで
腸まで生きて届くようになっています。

また、腸内環境を整える効果の高い乳酸菌が厳選して配合されているし、
たった1粒でもヨーグルトの何倍もの乳酸菌を補うことができます。

乳酸菌革命は今なら返金保証がついているので、
お通じがよくなかったり、胃もたれしやすいなど
胃腸に絡んだ体調扶養を感じやすい場合には試してみる価値はあります。

ただ返金保証や割引キャンペーンがいつまで続くのかはわからないので、
興味があれば、早目に申込みだけしておくと良いですよ。
↓↓↓

加圧ソックスで気圧低下の頭痛緩和に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました