怪獣8号第2話のあらすじ・感想は面白くない?

スポンサーリンク
怪獣8号
スポンサーリンク

怪獣8号第2話のあらすじネタバレ

怪獣の襲撃を受け、絶体絶命のピンチを迎えていた怪獣清掃業者の日比野カフカと市川レノ。

間一髪で日本防衛隊第3部隊によって怪獣が駆除され無事に救助されるものの、入院先の病院で日比野カフカをまたも小型の怪獣が襲います。

怪獣は「ミツケタ」という意味深なセリフと共に口から入り込んで日比野カフカを怪獣の姿へと変身させます。

慌てふためく日比野カフカと市川レノの様子を老人が目撃。弁解をしようと怪獣となった日比野カフカが老人に近づき、壁に触れると一瞬にして崩壊寸前なほど亀裂が入ります。

その様子を見て老人は失神。市川レノに促されて日比野カフカは病院の窓から逃げ出そうとカギに触れると窓枠ごと破壊してしまい、窓から飛び立つときも市川レノに比べて驚異的な跳躍を見せます。

怪獣化した日比野カフカは超人的な身体能力を持ち、さらに逃走中に二足方向だったのが多足走行となったり、
口から怪獣が顔を出して鳥を捕食したかと思えば乳首から放尿するなど、人間離れした芸当を次々とコミカルに披露していきます。

そんな中、日比野カフカが怪獣の気配を察知。行く先を追っていくと母娘がおり、崩壊した建物の下敷きとなった母を怪獣が今まさに食おうとし、
そばで女の子が泣き叫ぶところで日比野カフカが怪獣に一撃。

次は「本気で」一撃を加えると怪獣は粉々になり、日比野カフカは怪獣の姿でありながら怪獣駆除に成功します。

女の子に「怪獣さんありがとう」と言われ、いよいよ日比野カフカは怪獣駆除をする決心を硬め、
最後の一コマでは日比野カフカが怪獣の姿から人間に戻りそうな描写で終わりました。

怪獣8号第2話の感想は面白い?面白くない?

タイトルとURLをコピーしました