怪獣8号26話のあらすじネタバレ!感想は面白い?つまらない?

スポンサーリンク
怪獣8号

怪獣8号の26話「無骨に、豪快に、叩き斬る!!」のあらすじや感想をまとめています。

スポンサーリンク

怪獣8号26話の前回までのあらすじ

怪獣8号26話のネタバレ

四ノ宮キコルが手にした巨大な斧は、「状況を鑑みての判断」ということで特例として認められたものでした。

立川基地でナンバー3の戦闘力を持つことから主力の一角を担うことを期待されてのことで、四ノ宮キコルは早くも隊長・副隊長の活躍ぶりを見せました。

四ノ宮キコルの巨大な斧には手元にあるトリガー(スイッチ)で衝撃波を発生させる仕組みになっていて、斧の後方や前方などから衝撃波により攻撃力を倍増させたり、攻撃パターンを変更できるようになっています。

隊式斧術1式落雷 加速
隊式斧術2式水切 加撃
隊式斧術3式水切 

といった技を繰り広げる中、四ノ宮キコルをうまく援護する市川レノの姿がみられます。

翼竜型怪獣に氷結弾を命中させ飛行不能状態にしたところを四ノ宮キコルがしとめるという連携プレーを見せ、遊軍となって怪獣たちの連携を乱すようになります。

保科副隊長も四ノ宮キコルの活躍を聞き、ちょっとした安心感を得られているようですが、翼竜型怪獣を連れてきた本獣との対戦では防戦一方といった雰囲気。

「強いだけやない、こいつ、戦いを楽しんどる!」明らかに怪獣の範疇を超えた感情を持っていることに違和感を感じているようですが、その怪獣に間合いを詰められとうとう至近距離からの一撃!

を食らったかのように見えましたが、実はすべて保科副隊長の計算の範囲内だったようです。

保科副隊長は一方的に怪獣の攻撃を受けていたわけではなく、逃げているように見せかけながら戦いの場を演習場へと持ち込んでいたのでした。

「演習場なら本気出しても隊員を巻き込む心配ないやろ」とまずは怪獣の右手をひじのあたりから一刀両断。

戦力全開放92%という超本気モードで怪獣との第2ラウンドが始まるのでした。

怪獣8号26話の感想は?面白い?つまらない

四ノ宮キコルに専用武器が支給されただけではなく、トリガーが用意されていて専用武器特有の技も使えるようになりましたね。

「隊式斧術1式落雷 加速」では斧の後方から衝撃波を出すことで物理的な攻撃力を増加。

「隊式斧術2式水切 加撃」は斧の後方から衝撃波を出し、斬撃に衝撃波をプラスして追加ダメージ。

「隊式斧術3式水切」はおそらく、斧を振り回している最中に衝撃波を駆使して斬撃の軌道を変える、といった感じでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました