怪獣8号第5話のあらすじネタバレ!感想は面白い?つまらない?

スポンサーリンク
怪獣8号

防衛隊選抜試験2次試験の資質試験の内容は実際に怪獣を討伐することになった日比谷カフカ。

怪獣の死骸処理という予想が外れてあわてふためく波乱の幕開けとなりました。

スポンサーリンク

怪獣8号第5話のあらすじネタバレ

防衛隊選抜試験2次試験で怪獣討伐をするにあたって防衛隊のスーツ(プライベートスーツ?)が受験生全員に配布されました。

プライベートスーツはどうやら身にまとうと勝手にファスナーが締まり、その人の体形に合った形状に変化。

プライベートスーツには「解放戦力」と呼ばれる数値があり、解放戦力が高ければ高いほどスーツの力を引き出せるということ。

訓練を積んだ一般隊員で20%を出せればよいらしく、市川レノの解放戦力は8%。

まずまずの数字だとほめられたものの、

四ノ宮キコル 46%
神楽木葵 15%
出雲ハルイチ 18%
古橋伊春(イハル) 14%

といった感じで軒並みに他界解放戦力を発揮していました。

※四ノ宮キコルの解放戦力46%というのはすでに小隊長クラスとのことです。

一方で日比谷カフカはというとなんと0%。

解放戦力で水をあけられてしまった市川レノと日比谷カフカですが、戦力としては劣っている以上、自分たちの戦い方をすることに決めます。

自分たちが主体的に攻撃をするのではなく、攻撃手(アタッカー)を補佐するサポート役に徹するというもので
視力が落ちて聴覚が異常に発達した怪獣相手に音響閃光手榴弾(スタングレネード)を利用してひるんだところをアタッカーに攻撃させる、
そんな立ち回りを演じます。

「怪獣のことは内臓までお見通しだぜ!」と胸を張る日比谷カフカで、資質試験に手ごたえを感じていた矢先、怪獣につかまってしまうという展開でした。

怪獣8号第5話の感想は?面白い?つまらない?

タイトルとURLをコピーしました