日比野カフカのプロフィール|身長・年齢は?怪獣8号

スポンサーリンク
怪獣8号

日比野カフカは漫画「怪獣8号」の主人公で、タイトル通り怪獣8号に変身をします。

もともとは防衛隊によって駆除・駆逐された怪獣の亡骸を始末する清掃会社の社員でしたが、怪獣8号に体を乗っ取られながらも防衛隊に入隊します。

スポンサーリンク

日比野カフカのプロフィール|身長・年齢は?怪獣8号

年齢:32歳
もともとは怪獣専門清掃業者「モンスタースイーパー」で働いていた社員。

亜白ミナとの約束を果たすべく、防衛隊の入隊試験を受け続けたものの、合格できないまま年齢制限を迎えていました。

ところが、後輩の市川レノに日本防衛隊の募集の年齢制限が33歳未満に引き上げられたことを教わり、再び防衛隊の入隊試験に挑戦する意欲が芽生えます。

市川レノとの業務中、生き残っていた怪獣に襲われるもすんでのところで亜白ミナの率いる第3部隊によって救い出されます。

重傷を負った日比野カフカと市川レノは横浜南病院に入院することになり、2人で防衛隊の入隊試験を受けることを話し合っていましたが、「ミツケタ」と言葉を発する羽の付いた小型の怪獣に憑依されます。

サイズ的には本獣ではなく余獣となりそうですが、言語を扱える知性があることからどちらかというと本獣。

怪獣化したカフカは、フォルティチュード9.8(歴史に残る大怪獣)という強度を誇り、

触れただけでコンクリートの壁も破壊
2足歩行から多足
鳥を捕食
人間でいうと乳首のあたりから放尿
怪獣の気配を察知
驚異的な再生能力

などなどの人間離れした能力を持つようになり、後に漫画のタイトルにもなる「怪獣8号」と命名されます。

第2話最後のコマを見る限り怪獣化が解除され人間の姿に戻りつつあるように思われます。

この点から、日比野カフカが怪獣に変身できる時間はウルトラマンのように一定時間の間(一定のエネルギーを消費する間)だけといった感じで制限がある可能性がありますね。

市川レノと共に臨んだ防衛隊の入隊試験では、怪獣9号に襲われるというアクシデントも起き、人知れず怪獣8号に変身をして窮地を脱します。

戦闘能力などではとても採用できるようなレベルではなかったものの、第3部隊の保科副隊長が「こいつは何か怪しい」と、自分の身近においてその秘密を探るために補欠合格を果たしました。

防衛隊入隊試験時のスーツ(プライベートスーツ)の解放戦力0%、2か月の訓練を経てプライベートスーツの解放戦力は1%をわずかにアップ。

怪獣8号に変身していない通常の状態だとまるで戦力にならないことから、元怪獣専門の清掃業者という知見を活かして、怪獣の弱点や特徴を舞台に知らせる情報分析班といった役割を果たしています。

ある時は、怪獣が卵を持っていてただ駆除するだけでは数が増えることを知らせたり、またある時には怪獣の体の構造からどのように攻撃をするのが効果的か、部隊にアドバイスしています。

怪獣9号との一戦では、四ノ宮キコルの窮地を救う代わりに変身するところを見られてしまったことから、市川レノに続いて正体を知られることになります。

立川基地が新たな人型怪獣によって襲撃された際には、大量の翼竜型怪獣を一つにまとめた巨大爆弾の爆発を食い止めるために、多くの第3部隊の隊員の目の前で怪獣8号の姿へと変身。

建物が破壊されるなど尋常ではない被害をもたらしたものの、隊員の命を救うことに成功していますが、亜白ミナによってその身柄を確保され、防衛隊本部へと送還されていきます。

ただその道中では、亜白ミナから「第3部隊の隊員はみんな、仲間だと思っている。無事に戻れるように私も働きかけてみる」と声をかけられています。

防衛隊本部では、まさかの四ノ宮キコルの父で防衛隊長官の四ノ宮功と対戦することになります。

日比野カフカ自身は、自分は人間であることを証明したいと思っていたものの、識別番号付与の怪獣2号をベースとした専用武器を持つ四ノ宮功から容赦のない攻撃を受け、やむを得ず怪獣8号に変身。

ところが今までとは勝手が異なり、体の中ではあの寄生した怪獣が「カイジュウ コロス」とつぶやき、再生能力を生かした人体構造無視の攻撃を見せるようになります。

タイトルとURLをコピーしました