休眠中ブラックホールとは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ガイアBH1は地球に最も近いブラックホールでこれまで判明していたものよりも地球から3分の1の距離(実際の位置は1600光年先)。

「休眠状態」で地球はもちろん、ほかの近傍天体を呑み込むことはないということですが、ブラックホームの休眠状態とは?

スポンサーリンク

休眠中ブラックホールとは?

地球から最も近いブラックホールの発見に天文学者たちは困惑

太陽系の縁よりそれほど離れていない奥深い宇宙には、宇宙的にいうところの万物の謎に満ちた闇の中心がある。

先週ある天文学者チームが、地球からわずか1600光年にある休眠状態のブラックホールを見つけたことを発表した。これまでの観測されてきた距離の3分の1の近さだ。

ブラックホールのあらゆる物体を飲み込むパワーを論じる場合、その近さは当然ながら重要な特性となる。幸いなことに、本ケースでは休眠中であることも同じくらい重要となる。なぜなら、そのブラックホールは飽和状態にあるため脅威をもたらさないことを意味しているからだ。少なくともそう願いたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf606daebc957f5b202272cbe6a7cd79c6001ae8

地球に最も近いブラックホール「ガイアBH1」は飽和状態で脅威をもたらさない「休眠状態」ということですが、ブラックホールから類を見ない強力電磁波を観測出来るのは近くに天体があってこそになります。

てすから吸い込む物が無ければ場のみが存在してるただの時空の穴。似たような輝きの無い天体としては黒色矮星なども掲げられます。

冬眠するブラックホール | 東京大学

まとめ:休眠中ブラックホールとは?

ブラックホールは定住してるTypesと移動してるTypesがあるそうです。一度、電磁波の発生が落ち着いたとしても『再度、違った天体に接触』すると活動が始まります。

●ブラックホールは質量を増大させ成長します。

黒色矮星は鉄の塊と化してしまった恒星。

ブラックホールの質量が大きくなると言う事は、シュヴァルツシルト半径が大きくなるのは勿論の事、質量が大きくなった分、及ぼす重力圏も広くなってると言う意味合い。

「休眠状態」の恒星質量ブラックホール、銀河系外で初検出 研究
【7月25日 AFP】天の川銀河(銀河系、Milky Way)の近傍銀河で、恒星と連星系を形成している「休眠状態」の恒星質量ブラックホールを初めて発見したと、天体物理学者チームが先週発表した。

ブラックホールは通常、連星系の伴星から物質を取り込む際に発するX線放射によって検出されることからX線を発していないブラックホールは「休眠状態」にある、つまり伴星の物質を取り込めるほど近い距離にはないということです。

休眠中ブラックホールとは?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました