万引き家族でりん(ゆり、じゅり)最後は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「万引き家族」で、最後、りん(凛、ゆり、じゅり)は、何をしようとしていたんでしょうか?

アパートの柵越しに、まるで向こうに誰かがいるように見つめている場面がありましたが、あれは誰を見ていたんでしょうか?

スポンサーリンク

万引き家族でりん(ゆり、じゅり)最後は?

佐々木みゆ演じる「凛(りん、ゆりとも)」は映画「万引き家族」での血縁関係のない家族では「末っ子」に当たります。

本名はじゅりですが彼女のことがニュースになった際に、「信代」が彼女を家に引き留めるためにつけた偽名が「凛」という名前でした。

ラストシーンでは「凛」はアパートのベランダの柵越しに外に見た何かに反応して、身を乗り出します。

外にいたのは偽父である治だったのか、それとも偽兄である祥太だったのか、はたまた他の人だったのか。

ノベライズ版ではここで「声にならない声で呼んで」という記述があるので、家族の誰かが来ていた可能性が高そうです。

凛は虐待癖のある母親の元に戻されてしまいますが、彼女も成長しています。母親の傷をいたわり、虐待行為に対しては拒絶する態度を示します。

万引き家族でりん(ゆり、じゅり)最後にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました