村松海渡の経歴をwiki調査!高校は?ピアノで東大推薦合格1期

スポンサーリンク
レベチな人見つけた

村松海渡さんはプロ並みの腕前を誇るピアノを武器に、東大が推薦入試を始めたときに1期として合格を果たした人物。

現在も研究者としてピアノと学術を結びつける分野に携わる村松海渡さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

村松海渡wikiプロフィール

名前:村松海渡

生年月日:1997年

年齢:24歳

出身高校:神奈川県立厚木高校

出身大学:東京大学工学部計数工学科(理科一類)

最終学歴:東京大学総合文化研究科

村松海渡さんがピアノを始めたのは5才の頃

12才には選抜制ヤマハマスタークラスピアノ演奏研究科コース在籍、修了。

大学院時代にはConcertVIVACE(銀座ヤマハホール)やDina Yoffe 氏の公開レッスン生に選出されています。

ちなみに、東大生ピアニストといえば、youtuber「かてぃん」の名前でも知られている角野隼人さんも有名ですね。

村松海渡の経歴

Kaito Muramatsu – Hungarian Rhapsody No.12 (Franz Liszt)

村松海渡さんは高校二年の時に全日本ジュニアクラシック音楽コンクールのピアノ部門で1位を獲得しています。

プロフェッショナルになるための登竜門とされるようなコンクールですから、ピアニストして将来を嘱望されていました。

ただ村松海渡さんはピアノの練習によって腕を痛め経験から「音楽にもスポーツ科学のような研究が成されるべきでは?」と思うようになったそうです。

そこで、東京大学の推薦入試では自らがその研究を究めようと「演奏時の体の動きを解明し、故障を防ぐとともに美しい音色を究める」というテーマを掲げて挑みます。

その発想と姿勢が高く評価され、最高評価のAA(ダブルエー)を獲得し、東京大学工学部入学に結びつくことになります。

■村松海渡さんの受賞歴
厚木楽器ピアノコンクール自由曲部門2大会連続金賞
厚木青少年音楽コンクール市長賞(大賞)
全日本ジュニアクラシック音楽コンクールピアノ高校の部全国大会第1位
かながわ音楽コンクールユースピアノ部門特選及び教育委員会教育長賞
大阪国際音楽コンクールpiano section-1 Age-U Second Prize(2位)
など

村松海渡のツイッターやインスタグラム

村松海渡のツイッター
@morinopianohiki

村松海渡のインスタグラム
@muramatsu_kaito

村松海渡のフェイスブック

村松海渡の高校や大学など学歴は?

村松海渡さんの通っていた高校はスーパーサイエンスハイスクールに指定されている神奈川県立厚木高校です。

厚木高校では年に数人が選抜されアメリカの高校に短期留学するシステムがあり、村松海渡さんも留学の切符を手にします。

科学の勉強をする一環で発表の場が設けられ、村松海渡さんのは初見演奏という研究テーマで、実際にピアニストに演奏を依頼して楽譜の先を読む力を実験した結果を発表したそうです。

ちなみに、高校時代は合唱部だったそうです。

東京大学工学部に進学すると、東京大学ピアノの会、東京大学柏葉会合唱団に所属しピアノの演奏会などを開いています。

Kaito Muramatsu(村松海渡) /Liszt 二つの伝説より 波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ

学部卒業後、そのまま大学院に当たる東京大学総合文化研究科に進学。

SONYのCSLのリサーチアシスタントとして、大きい音でピアノを練習することと運動学習の効果の相関を検証する研究の他、
筋電図を付けてピアノ演奏して運動のメカニズムと音楽の関りを突き止める研究などに従事しているそうです。

リバネス研究助成金incube奨励賞に採択

村松海渡の家族は?父親・母親・兄弟姉妹は?

村松海渡さんは東大に行くか音大に行くかで迷っていたそうですが、父親も東大だったことが東大進学の大きな決め手になったようです。

もし推薦入試では合格できなかったとしても、一般入試で合格をするために受験勉強の方も手を抜かず取り組んでいたと話しています。

タイトルとURLをコピーしました