中西麻耶(走り幅跳び金)スポンサーや仕事中の事故は?戦績や東京パラリンピックで中西麻耶クラスは?

中西麻耶さんが東京パラリンピック2020の代表選考を兼ねた世界選手権(ドバイ)で
自身の記録に肉薄する5m37cmを跳び金メダル獲得し見事に東京パラリンピック代表の座を射止めました。

中西麻耶さんと言えば2012年に競技資金を集めるため
セミヌードカレンダーを発売したこともある美人ジャンパーとして有名な方ですね。

中西麻耶(走り幅跳び金)プロフィール,仕事中の事故とは?

  • 名前:中西麻耶(なかにしまや)
  • 生年月日:1985年6月3日
  • 出身地:大阪府大阪市福島区 → 大分県由布市庄内町
  • 高校:明豊高校
  • 所属:JEB ENTERTAINMENT
  • twitter:https://twitter.com/MayaNakanishi
  • instagram:https://www.instagram.com/p/B1eDdY3gVPX

中西麻耶さんが通っていた高校は別府市にある明豊高等学校で、
インターハイに何度も出場経験のあるアスリート高校。

ソフトテニスをしていた中西麻耶さんは無名ながら明豊高校に進学し、
厳しい練習に耐えながら3年間を過ごすものの、3年生の時にインターハイ出場を逃してしまいます。

その影響からか、高校卒業後は大学進学をせずに一時はフラフラとフリーターのような生活をしていたものの、
一念発起してソフトテニスで2008年の地元の大分国体に出場することを目指すべく、
国体出場を支援してくれる親友のお父さんの会社(鉄骨塗装業)に就職。

大分国体に照準を合わせて仕事とトレーニングの両方に打ち込んでいたところ、
2006年9月、工場内での作業中に5トンの重さの鉄骨が突然崩れ中西麻耶さんの右足を直撃。

膝や足首がぐちゃぐちゃで骨が飛び出して粉々になった複雑解放骨折となり、
救急車で近くの病院にすぐに救急搬送されるもその病院では手に負えず、大分市内の大病院に搬送。

中西麻耶さん自身は最初、何が起こったのかわからず、ただ痛いというよりただ熱いという感触だったようで、
後になって「痛みを越えるとこういう感覚になるのか」と思ったそうです。

鉄骨倒壊で骨だけじゃなく神経までやられてしまい「痛い」という感覚が鈍くなっていたようで、
病院の医師から告げられた処置方針には、

  • 膝から下の足を切断する
  • 足を残していくことを目指す温存治療を行う 

という2つの選択を迫られます。

普通の人ならば、迷っても「温存治療」を選びそうなところ、中西麻耶さんのすごいところは、
アスリートとして生きる価値観を強く持っていたことから、
医師から義足でも競技を続けられることを確認したうえで足を切断することを選び現在に至ります。

「あきらめない心」本物のアスリート中西麻耶 | たびこふれ
義足のアスリート中西麻耶さんの壮絶人生をたどって、あきらめない心、運を引き寄せる行動力、弱い自分に打ち勝つ思考方法が見えてきます。

中西麻耶(走り幅跳び金)の東京パラリンピックで中西麻耶クラスは?

義足で競技を続ける決断をしたものの、慣れない義足で健常者と同じレベルで
ソフトテニスで勝負をするのは難しいと判断し中西麻耶さんはリハビリに専念することを選びますが、
トレーニングの一環で結果的に陸上競技を本格的に始めるようになりさらに、
義肢装具士の臼井二美男さんとの出会いが中西麻耶さんを走り幅跳びで世界を目指すきっかけとなりました。

臼井二美男さんとは、日本におけるスポーツ用義足作りのパイオニアで、
義肢装具士として30年以上のキャリアから、スポーツチャレンジ賞功労賞や毎日スポーツ人賞文化賞など数々の受賞歴を持つ知る人ぞ知るレジェンド。

中西麻耶さんは、臼井二美男さんの主催する切断障がい者の陸上クラブ〈ヘルス・エンジェルス〉のメンバーでもあり、
渡邉珠美といった選手も在籍をしていますが、中西麻耶さんの障害クラスは2017年シーズンまで陸上競技障害クラスT44で、
2018年シーズンからは、新設された陸上競技障害クラスT64となっています。

中西麻耶の走り幅跳び戦績(大会入賞歴,受賞歴)は?

  • 2008年 北京パラリンピック100メートル6位、200メートル4位
  • 2012年 ロンドンパラリンピック 8位(4m79cm)
  • 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 4位(5m42cm)
  • 2016年 第27回日本パラ陸上競技選手権大会 優勝(5m51cm)、100走 13秒90
  • 2017年 ロンドン世界陸上 3位(銅メダル、5m00cm)
  • 2018年 ジャカルタアジアパラ大会 4位(5m44cm)、100m走 14.48秒
  • 2019年 世界パラ陸上選手権大会(ドバイ) 優勝(金メダル,5m37cm)

中西麻耶さんが走り幅跳びで現在の日本記録・アジア記録(5m51cm)を樹立したのは2016年5月1日のことですが、
その約1か月前の2016年4月9日(新日本製薬大分パラ陸上2016)ではすでに5m27の自己ベストを更新し5m48cmで優勝しており、
短期間で記録を2cmも伸ばす快挙達成となりました。

中西麻耶(走り幅跳び金)スポンサーは?

中西麻耶さんがスポンサー契約を結んでいるのは、

  • うちのう整形外科
  • コカコーラ

の2社があるようです。

コカコーラは他にも車いすテニス女子シングルスで世界ランキング2位の上地結衣選手ともパートナーシップ契約を結んでいて、
うちのう整形外科は大分県大分市王子南町にある医療法人春風のクリニックになります。

他にも、

  • 株式会社 鳥繁産業(大分県津久見市上青江)
  • 竹内皮ふ科(大分県大分市)
  • 阪急交通社

といったところから支援を受けているようです。

中西麻耶(走り幅跳び金)に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました