江川優生wikiプロフィール(姉,戦績)k-1フェザー級 王者に江川優生!

江川優生さんが若干21歳ながらK-1の「フェザー級王座決定トーナメント」で見事に優勝を果たし、
第三代K-1 WORLD GP フェザー級王者の座に輝きました。

ホルヘ・バレラ、アーサー・メイヤー相手に2戦連続1回KO勝ちで順当にトーナメントを勝ち進むと、
決勝でも最短の60秒KOを奪い完全制覇&前人未到の3戦連続1回KO勝ちで文句なしの王者となりました。

江川優生wikiプロフィール

  • 本名:江川優生(えがわゆうき)
  • 生年月日:1998年2月6日
  • 年齢:21歳(2019年11月時点)
  • 出身:東京都足立区
  • 身長:171センチ
  • 体重:57.5kg
  • 血液型:O型
  • 所属:POWER OF DREAM(足立区)
  • ファイトスタイル:オーソドックス
  • 入場曲:RedHookNoodles Beats / Hard Saddening
  • 戦績:17戦14勝(10KO) 2敗1分

江川優生さんは父親の影響で小学校に上がる前からすでにボクシングや空手といった格闘技を習い、
中学校ではサッカー部に所属しつつキックボクシングも習い始め、このころからすでにプロ格闘家を目指すようになっていたそうです。

数々の強豪ファイターを生み出している「POWER OF DREAM」に所属すると、
まだ高校生だった2013年10月に早くもプロデビューを果たし、プロ初戦こそ引き分けだったものの、
その後は10KOを奪う快進撃を見せています。

江川優生の家族は?姉はえがさり(江川紗里奈)?

江川優生さんの顔立ちはどこか日本人離れした雰囲気を漂わせていますが、
母親はフィリピン国籍の方のようなので、ハーフだからでしょう。

江川優生さんの肌色が濃いのも、日焼けサロンで日焼けしているわけではなくもともとの肌の色で、
日サロには1回も行ったことがないみたいですね。

江川優生さんの家族構成について調べてみるとどうやら姉と二人兄弟のようで、
お姉さんがモデル兼ブロガー兼インフルエンサーとして活動している
「えがさり」こと江川紗里奈さんです。

江川優生さんも非常に顔立ちが整っていますが、お姉さんの「えがさり」こと江川紗里奈も、
めちゃくちゃ美人で、現在は「RyuRyu」という、キャバクラで使うドレスなどを販売しているブランドのモデルもしているようです。

2019年の11月時点のインスタグラムのフォロワー数は20万人と、
日本を代表するインフルエンサーの一人でもありますが、
2019年には夏が一番似合う男性・女性を決める大会サマー・スタイル・アワード「SUMMER STYLE AWARD / SSA」で見事に優勝をはたしています。

江川優生のジムはPOWER OF DREAM

江川優生さんが日々、トレーニングに打ち込んでいるのは「POWER OF DREAM」というジムで、
これまでに武居由樹や神戸翔太といったファイターを育ててきた実績のある事務です。

江川優生さんも「POWER OF DREAM」出身の神戸翔太さんの試合を見たことでプロ入りの決意を固めたそうです。

POWER OF DREAMに所属(もしくは過去に所属していた)選手を何人か紹介します。

■武居由樹
戦績:23戦 21勝(16KO) 2敗 0分
タイトル:第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者、初代K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者

■岩尾力
戦績:14戦11勝2敗1分(5KO)
タイトル:ジュニアキック・ムエタイ8冠王

■神戸翔太
戦績:23戦 15勝(3KO) 7敗 1分
タイトル:2度もタイトル戦に挑戦するも惜しくも敗退

江川優生の戦績

K-1「フェザー級王座決定トーナメント」を終えて江川優生さんの2019年11月現在の戦績は
17戦14勝(10KO) 2敗1分となっています。

■戦績

ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム KO 2019年11月24日(日)
アーサー・メイヤー KO  2019年11月24日(日)
ホルヘ・バレラ KO  2019年11月24日(日)
○TETSU KO  2019年6月21日(金)
○西京 春馬 判定  2019年1月26日(土)
○覇家斗 延長判定  2018年11月3日(土・祝)
○大滝 裕太 KO  2018年6月17日(日)
●桝本 翔也 判定  2018年2月12日(月・祝)
○鍋島 好一朗 KO  2017年10月1日(日)
●森坂 陸 判定  2017年7月8日(土)
○倉崎 昌史 KO  2017年2月18日(土)
○リョウタ KO  2016年11月3日(木・祝)
○結城 将人 判定  2016年7月18日(月・祝)
○笠見 玲慈 判定  2016年3月4日(金)
○秦 文也 KO  2015年11月14日(土)
△飛翔 判定  2014年10月5日(日)

■獲得タイトル
第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者
第4代K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者

江川優生さんが世間の注目を集めるようになったのは、桝本翔也選手に敗戦後に行われた第2代K-1フェザー級王座決定トーナメント(2018年6月)に、
リザーブファイトに抜擢されて、大滝裕太にKO勝利を収める番狂わせを演じたことでしょう。

さらに同年の11月に行われたK-1さいたま大会で覇家斗に判定勝利をおさめ、立て続けに西京春馬に判定勝利しKrushフェザー級のベルトを獲得。
2019年6月に行われたK1 KRUSHでの初防衛戦では挑戦者・TETSUを圧巻の1RKOを沈めています。

タイトルとURLをコピーしました