アーニャを知ると世界が平和に意味は?元ネタはスパイファミリー?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「アーニャを知ると世界が平和に」とは漫画「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」に出てくるアーニャのセリフの一つ。

このセリフの意味は?

スポンサーリンク

アーニャを知ると世界が平和に意味は?元ネタはスパイファミリー?

「アーニャを知ると世界が平和に」というフレーズが流行っていますが、元ネタは漫画「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」に出てくるアーニャのセリフです。

アーニャは超能力(テレパシー)を持つ孤児で元々は各地の孤児院を転々としていました。

そんなアーニャとかりそめの家族として暮らしているのがアーニャのいる国と敵対する国から送り込まれたスパイ(コードネーム:黄昏)

黄昏は任務の一環で敵国で家庭を持つ必要があったことから、孤児院で子供を引き取ろうとした際、アーニャがその中にいました。

アーニャは超能力で人の心が読めるため、偽の父親となる「たそがれ」が、「任務のためにアーニャと良好な関係を保ちたい」「相手を知ることが平和への第一歩だ」というような意味合いのことを心の中でつぶやきます。

すると、(刺激に飢えていたアーニャが)超能力で黄昏の心の中を読み「自分のことを知ると世界が平和になる」と解釈したため、「アーニャを知ると世界が平和に」というセリフになります。

アーニャを知ると世界が平和にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました