【グーニーズ】チャンクの現在は?俳優は誰?

スポンサーリンク
0未分類

映画「グーニーズ」では、チャンクの存在がなければこれほどまでに名作と歌われることはなかったんじゃないでしょうか。

ストーリーの9割以上は「グズでのろまなお荷物」といった扱いでしたが、チャンクなしではグーニーズの冒険が大団円で終わることはありませんでした。

そんな映画「グーニーズ」に出演した子役たちはその後、俳優として大勢している伊人ばかりですが、チャンクを演じた俳優はちょっと変わった経歴を歩んでいます。

スポンサーリンク

【グーニーズ】チャンクの現在は?

チャンクとは、映画「グーニーズ」の登場人物の一人・ローレンス・コーエンのニックネームです。
ぽっちゃり体系で腹踊りが得意なチャンクは、食いしん坊でおっちょこちょい。

また虚言癖があり、周囲を困らせていたことから近所ではオオカミ少年として有名な男の子でした。

しかし、心優しいチャンクは圧倒的な損得で物事を判断する性格

自分と同じく食いしん坊でテレビが大好きなスロースと仲良くなったのは、まさにチャンクの人柄によるものが大きく、最後にスロースを引き取るという器の大きさもありました。

「グーニーズ」のライバルとなるギャング団「フラッテリー一家」に捕まり、グーニーズの他のメンバーとははぐれて行動します。

ちなみに映画「グーニーズ」の撮影はストーリーの展開に合わせて進められたそうで子供たちはチャンクと再会するまでの長い間、チャンクがどこにいるのか知らなかったと言われています。

脚本は何度も書き直され、役者たちは撮影するまでどんなあらすじになるかほとんど分からない状態だったようです。

【グーニーズ】チャンクの俳優は誰?

映画「グーニーズ」でチャンクを演じたのはジェフ・コーエンです。

本名:ジェフ・コーエン(Jeffrey Bertan McMahon)

生年月日:1974年6月25日

年齢;46歳

国籍:アメリカ

出身地:カリフォルニア州・ロサンゼルス

1983年にテレビドラマで子役デビューしたジェフ・コーエンは1985年に映画「グーニーズ」のチャンク役に抜擢されました。

チャンク役の演技の評判が良かったため、グーニーズ終了後もテレビドラマのオファーがあり、チャンク役とは違った不良役も演じています。

ただ、子役として活動した後は学業に専念するために芸能界を引退。

カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、同校の大学院ハース・ビジネススクールでは経営学を専攻。

2000年にUCLAのロースクールを卒業すると現在はロサンゼルスを拠点として、エンターテイメント関連の弁護士として活躍しているそうです。

そしてジェフ・コーエンは、チャンク役を演じたときのぽっちゃり体形からは想像できないほど、ほっそりとスリムな体型になっています。

芸能活動はしていないものの、『グーニーズ』関連のイベントなどには出演しているようです。

■ジェフ・コーエンの略歴
コーエンは、ロサンゼルスでジェフリー・バータン・マクマホンとして生まれました。芸名は、母親の旧姓であるElaine Cohenからとったものである[2]。「チャンク」という役柄は、Cohenの体重を嘲笑うことを伴うものであったため、彼は高校でフットボールを始め、大人になってからは大幅に体重を減らした。

コーエンはカリフォルニア大学バークレー校に在籍し、1996年にHaas School of Businessで経営学の学士号を取得しました。カリフォルニア大学バークレー校では、1994年から1995年の間、ユニットIのパットナム・ホール、その後ノートン・ホールでレジデント・アシスタントを務めました。選挙ポスターには「グーニーズ」時代の自分の写真と「Chunk for president」というシンプルなスローガンが掲載されていた。また、フットボールの試合では「マイクマン」として活躍し、サイドラインで今では有名な「トリュフ・シャッフル」を披露して観客の拍手を集めるなど、その行動力でも知られていた。バークレー校に在学中、CohenはAlpha Epsilon Pi社の友愛会に兄弟として入会しました。

1982年から83年にかけて放送されたCBSのゲーム番組「Child’s Play」で、出場者に言葉を説明する子供たちの一人として活躍したコーエン氏。1985年の夏には、「Body Language」に有名人として出演しました。1986年には、ディズニーのテレビ映画「Ask Max」にも出演している。コーエンの妹であるアイディ・フェイは、劇作家・女優として活躍している。グーニーズ』のラストシーン、家族がビーチに集まる場面で、フェイはチャンクの姉としてカメオ出演している[要出典]。

彼の演技には、信じられないほどの純粋さと現実感がありました。彼はジェフであり、自分自身から引き出していたし、それが今の彼だと思う。彼は正直でストレートです。それは彼の演技にも、そして今の彼の弁護士としての活動にも言えることだと思います。

コーエンは『グーニーズ』DVDのコメンタリートラックで、子供の頃に演じた役はすべて、ハワイアンシャツかチェック柄のパンツのどちらかを着ていたと主張しており、リチャード・ドナー監督は『グーニーズ』で彼に両方を着せるという素晴らしいアイデアを持っていた[4]。役のキャスティングがやり直されることを恐れた彼は、誰にも病気のことを告げず、とにかく仕事に出た。グーニーズ』DVDのコメンタリートラックによると、コーエンの胸の水疱瘡は、有名な「トリュフ・シャッフル」のシークエンスで見ることができる。

コーエンは、『グーニーズ』の監督であるリチャード・ドナーの紹介で、映画スタジオのビジネスサイドで夏休みの仕事を得ることができた。その時のことを、ABAジャーナルの記事の中で、「私は、『三人組』や『マルクス兄弟』を愛して育ちましたが、突然、新しいヒーローが生まれたのです」と語っている。彼は、ハリウッドのビジネス界の重要人物の多くが法学部出身であることを知り、法曹界への道を選んだ[1]。バークレー校での留学生活を終えたコーエンは、2000年にUCLAロースクールでJ.D.を取得し[1]、その後、ロサンゼルスでエンターテインメント関連の弁護士として活躍した。2002年には、ビバリーヒルズにCohen & Gardner事務所を共同設立しました[3][5] 2008年9月24日付のVariety誌で、CohenはDealmakers Impact Reportに掲載されました[3] さらに、CohenはThe Hollywood Reporterの「Next Generation」に選出されました。11月5日付のThe Hollywood Reporter誌の「Next Generation: Hollywood’s Top 35 Executives 35 and Under」に選出されました[6]。

2014年2月以降は定期的に “The Huffington PostとCNBCでビジネス、法律、政治に関する記事を書いている。

【グーニーズ】チャンク以外の俳優の現在は?

映画「グーニーズ」でマウスことクラーク・デヴリューを演じたのはコリー・フェルドマン。

お調子者でダジャレ好きのマウスは、悪ぶって大人の口真似をすることから口が災いのもとになっていたため「マウス」というあだ名が付けられました。

メキシコ人のいとこがいるためスペイン語が堪能だったマウス役のコリー・フェルドマンは翌年に公開された『スタンド・バイ・ミー』ではテディ役を演じていました。

Train! – Stand by Me (2/8) Movie CLIP (1986) HD

父は精神病院に入っており、カッとなった父親から耳をコンロで焼かれた過去があり、左耳にはやけどの痕が残る。だが、軍人でノルマンディ上陸作戦に参加した父のことを尊敬しており、くず鉄置き場の主であるマイロから父のことを「イカれている」と言われた時には、激怒して涙を流す姿を見せる。

父親に続いて自分も軍人になることを希望していたものの、目と耳が悪かったため、希望していた軍隊に入れず、一時期刑務所に入った後、臨時雇いで働くようになります。

コリー・フェルドマンは「スタンドバイミー」以降も90年代には、人気コミックの実写映画化作品『ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(1990年)と『ミュータント・ニンジャ・タートルズ3』(1993年)といったヒット作に恵まれます。

中国系のデータことリッキー・ワンを演じたのはキー・ホイ・クァン。

いじめっ子撃退用に様々な発明をしますが発明品のほとんどはテスト中というなの出来損ないばかり。

ただ大人顔負けの豊富な知識を持っていることから「データ」と呼ばれていました。

データを演じたキー・ホイ・クァンの現在は、名前をジョナサン・キー・クァンとし、アメリカで俳優と武術指導をしているそうです。

中国系ベトナム人で、アメリカに移住したということで、ベトナム語、広東語、北京語、英語などをはなすマルチリンガルなのだとか。

キー・ホイ・クァンは、グーニーズに出演する前にも「インディージョーンズ2 魔宮の伝説」にも出演しており、当時は日本でもファンクラブが発足したそうです。

映画では主役の考古学者インディ(ハリソン・フォード)と行動を共にしていました。

キー・ホイ・クァンは子役としていくつかの映画やドラマに出演した後、映画制作に興味を持ち、映画監督になるべく南カリフォルニア大学映画学部に進学しています。

その後は、2000年の映画『X-MEN』などに制作スタッフとして参加し、2004年には日本の木村拓哉が出演した「2046」にもスタッフとして参加。

監督と木村拓哉の間の通訳をしていたそうです。

タイトルとURLをコピーしました