タイヤの回転に合わせて異音!ウォンウォン鳴る原因・対処法は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

タイヤの回転に合わせて「ウォンウォン」など異音がする原因は?

速度が速くなればなるほど異音の間隔も速く気が散るような場合、対処法は?

スポンサーリンク

タイヤの回転に合わせて異音!ウォンウォン鳴る原因・対処法は?

タイヤの回転に合わせて「ウォンウォン」など異音がするようになったらホイールととタイヤを変えたら消えることもあります。

ただ、別の所に原因がある場合には、また異音がするようになり、やはり速度に比例して異音が大きくなってしまいます。

考えられる原因としては

ハブベアリングの異常
タイヤの偏磨耗

とりあえず、ジャッキアップしてタイヤを回して下さい

鳴ってる車輪を特定してとりあえず、回転する部分で異物の噛み込みやブレーキパッドのインジケーターが当たってるとか、たまにあるのは、ドライブシャフトのささってるところのダストなんとか言う部品が錆びて当たってるとか。

ただ最も多いのがハブベアリングの摩耗があります。

例えばハンドルを左右どちらかににいっぱいに切った状態で車両を前進させると変な音は鳴りますか?

走行距離が多い(10万キロ以上目安)と可能性は高いです。

あと、鳴っているのが車の前方か後方かにもよりますが全車輪についていますので特定は必要です。

ハブベアリングをご自分で交換すればいいです

逆に、音が鳴らない場合タイヤが変磨耗してないかチェックして下さい。もしくはホイールバランスが狂っていることも考えられます。

足回りの調整とタイヤ交換が必要です。

いずれにしても、そのままでの走行は危険を生じますので、早めにディーラーやタイヤ専門店、大手の自動車用品販売店等でホイールバランスの点検を受けた方がいいですよ。

他にも、タイヤの回転に合わせてパカパカという異音もすることがありますが、石が挟まって取れてなくなっていることが考えられます。

空気圧をチェックしてやたら圧が低いタイヤがあれば釘踏みパンク。釘かビスが刺さってる可能性大です。

ジャッキアップして確認か、少しずつ車を動かして確認です。刺さっていたら、最寄りのガソリンスタンドでパンク修理してもらいましょう。

ただ、タイヤに釘などが刺さってても空気漏れない事もあるようです。

振動がくるならタイヤの変形。溝に小石や釘などの異物が挟まってると運転席側のタイヤなら回転速度に合わせてペチペチと音がなる。

別の要因として「シャッシャッ」という何かが擦れているような異音がするのは、ブレーキディスクとその裏のバックプレートという薄い鉄板が干渉していると思います。

ブレーキを踏んで音が止むならブレーキパッドの摩耗によるものです。早めに修理しないとブレーキローターまで被害が拡大する恐れがあります。

干渉しているなら鉄板を少し曲げて隙間を作ってください。

・ハブベアリングのガタ
・ローターの歪み
・ブレーキキャリパーのシールやピンの劣化・グリース切れによるブレーキの引き摺り…

ブレーキパッドは、まだ残っていますか?

ウェアインジケータがついていれば、パッドの残量が限界に達したときに、『キーキー』とイヤな金属音を立て出すので分かりますが、パッド交換の際につけ忘れられてしまったりするので、どちらにせよ、そろそろ一度分解整備してもらった方が良いかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました