陳夢wiki動画プロフィール(ラケット,戦績)かわいい陳夢vs平野美宇,石川佳純,伊藤美誠は?

スポンサーリンク

陳夢といえば卓球の世界ランキングで1位が常連で東京五輪2020にも中国代表として出場が確実視されていますよね。

無双ともいえる実力を発揮している陳夢の前に日本卓球界のトッププレーヤー(平野美宇,石川佳純,伊藤美誠)も苦戦を強いられていますが、
ネットではかわいいという評判も高い陳夢さんについてプロフィール情報をまとめています。

スポンサーリンク

陳夢wikiプロフィール

名前:陳夢(Chen Meng、読み方:チン・ム,チェン・ムン)
国籍:中国
出身地:山東省青島市
生年月日:1994年1月15日
身長:163cm
利き腕:右
グリップ:シェークハンド
プレースタイル:右シェーク両面裏ソフトドライブ型
所属歴:深セン大学(広東省)

陳夢が卓球を始めたのは卓球選手だった母親の影響で、
中国を代表する名門クラブの一つ「山東魯能」に小さなころから所属して練習に打ち込んでいたそうです。

山東魯能は中国国内の大会では優勝が常連の強豪チームで、
陳夢以外にも朱雨玲(世界ランキング最高1位)など数々の強豪選手も生み出しています。

陳夢はその後、深セン大学に所属先を移していますが、
広東省ではどうやら、深セン大学と山東魯能が卓球界の2強となっているようです。

ちなみに16歳年上の従兄弟に中国の若手男性俳優のトップスター・黄暁明(ファン・シャオミン)がいるそうで、
陳夢がまだ無名だったころから黄暁明のサインをねだられることが多々あったそうです。

【動画】陳夢のプレースタイル(右シェーク両面裏ソフトドライブ型)は?

陳夢さんは主に前・中陣でのドライブで攻撃する「ドライブ型」と呼ばれるプレースタイル(線型)の選手で、
後ろに下がっても強打で打ち返せる力強さに定評があります。

陳夢さんの体格は決して大柄ではないものの体幹が強く、ラリー戦でどれだけ体を揺さぶられたとしても、
体勢を崩すことなく球を打ち返し続けることができるボディバランスを誇っています。

Chen Meng vs Mima Ito | 2019 ITTF Swedish Open Highlights (Final)
Chen Meng I Mima Ito Swedish Open 2019 Women`s Final
Chen Meng vs Kasumi Ishikawa | 2019 ITTF-ATTU Asian Cup (1/2)
2017 Japan Open (WS-QF) CHEN Meng Vs HIRANO Miu [Full Match|HD1080p]
Kasumi Ishikawa vs Chen Meng | 2019 ITTF Australian Open Highlights (R16)
Chen Meng vs Kasumi Ishikawa | 2019 ITTF-ATTU Asian Cup (1/2)
Liu Shiwen/Chen Meng vs Miu Hirano/Kasumi Ishikawa | ZEN-NOH 2019 Team World Cup Highlights (Final)
Chen Meng vs Miu Hirano | 2019 ITTF Korea Open Highlights (R16)
2017 Asian Championships Highlights: Miu Hirano vs Chen Meng (Final)

陳夢戦績(平野美宇,石川佳純,伊藤美誠と対戦成績)

■2007年
アジアジュニア選手権カデット 優勝

■2008年
アジアジュニア選手権カデット 優勝

■2009年
世界ジュニア選手権 3位

■2011年
世界ジュニア選手権(女子シングルス) 優勝

■2012年
ITTFワールドツアー・カタールオープン 優勝
ITTFワールドツアー・Harmony 中国オープン 優勝

■2013年
世界選手権パリ大会で女子ダブルス 銅メダル

■2014年
世界選手権東京大会で女子団体 金メダル

■2015年
ITTFワールドツアー・ジャパンオープン・荻村杯シングルス 優勝
第22回アジア選手権大会」でも団体・混合ダブルス 優勝
ITTFワールドツアー・スウェーデンオープンダブルス 優勝

■2016年
クアラルンプール大会で女子団体 金メダル
ITTFワールドツアー・中国オープン ダブルス優勝、シングルス3位

■2017年
世界選手権デュッセルドルフ大会(女子ダブルス) 銀メダル
ITTFワールドツアー・カタールオープン シングルス,ダブルス 優勝
グランドファイナル シングルス・ダブルス 優勝
アジア選手権 準優勝

■2018年
世界卓球 団体金メダル
ワールドツアー・グランドファイナル シングルス優勝

2019年12月現在7か月連続でランク1位

■vs平野美宇 8勝1敗
○2019-11 JA全農 ITTF 卓球ワールドカップ団体戦 2019 TOKYO 女子チーム  決勝
○2019-10 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 女子ダブルス  決勝
○2019-09 ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 女子ダブルス  準決勝
○2019-09 ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン 女子ダブルス  準々決勝
○2019-07 ITTFワールドツアー・韓国オープン 女子シングルス  ベスト16
○2019-07 ITTFワールドツアー・韓国オープン 女子ダブルス  準々決勝
○2017-06 ITTFワールドツアープラチナ・ジャパンオープン 女子シングルス  準々決勝
×2017-04 アジア卓球選手権大会女子シングルス  決勝
○2014-06 GACグループ2014年ITTFワールドツアー、中国オープン(スーパー)女子シングルス  ベスト32

■vs石川佳純 8勝2敗
○2019-11 JA全農 ITTF 卓球ワールドカップ団体戦 2019 TOKYO 女子チーム  決勝
○2019-10 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 女子ダブルス  決勝
○2019-09 ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 女子ダブルス  準決勝
○2019-09 ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 女子チーム  決勝
×2019-07 ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン 女子シングルス  準々決勝
○2019-04 ITTF-ATTUアジアカップ 女子シングルス  準決勝
○2018-04 ITTFアジアカップ 女子シングルス  準決勝
○2011-11 フォルクスワーゲン2011年世界ジュニア卓球選手権大会ジュニア女子シングルス  ベスト32
○2010-10 LIEBHERR 2010年オーストリアオープン – ITTFプロツアー女子シングルス  ベスト64
×2008-12 ITTF世界ジュニア選手権ジュニアミックスダブルス  ベスト16

■vs伊藤美誠 4勝2敗
○2019-10 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 女子シングルス  決勝
○2017-12 ワールドツアーグランドファイナル 女子ダブルス  決勝
×2017-11 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 女子ダブルス  決勝
○2017-06 ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン 女子ダブルス  準々決勝
○2015-12 GAC GROUP 2015 ITTFワールドツアーグランドファイナル 女子シングルス  ベスト16
×2015-10 GACグループ2015年ITTFワールドツアー、ポーランドオープン(メジャー) 女子ダブルス  ベスト16

陳夢のラケットのメーカー(ブランド)種類は?

陳夢さんが使用しているラケットは「カーボネード45」で、
朱雨玲(Zhu Yuling)をはじめ卓球のトッププレーヤーが愛用している高級ラケット。

バック面の裏ラバーは日本の水谷隼選手や吉村真晴選手など
多くのプロ選手が使用しているテナジーの「テナジー64」を貼っています。

タイトルとURLをコピーしました