岡本碧優の小学校や中学をwiki調査!戦績は?プロフィールは東京五輪!

スポンサーリンク
デフォルト プロフィール(戦績,スポンサー)@アスリート

岡本碧優さんが東京五輪2020の新種目「スケボー(スケートボード)」で日本代表となるか注目を集めていますね。

東京五輪2020では、スケートボード(スケボー)、スポーツクライミング、サーフィンといった新種目が採用されていますが、
スケートボード(スケボー)にはなんと年齢制限がないため、岡本碧優さんはもしかしたら従来の最年少出場記録を大幅に更新してしまうかもしれません。

スポンサーリンク

岡本碧優wikiプロフィール

本名:岡本碧優(読み方:おかもと みすぐ)

生年月日:2007年6月22日

年齢:14歳

出身地:愛知県高浜市

小学校:高浜市立吉浜小学校→転校

出身中学:長森東中学校(岐阜県)

所属:Proshop Bells(プロショップ ベルズ)

岡本碧優さんは兄の影響で2015年に8歳(小学校2年生)からスケートボードを始めると
2018年11月に11歳で臨んだ初の国際大会でいきなり5位入賞を果たし
2018年から2年続けて強化指定選手に選出されています。

出身地は愛知県なのに中学校は隣の県にある長森東中学校に通っている理由は、
2018年12月からは男子スケボーの選手、笹岡建介さんの実家に下宿しながら「TRIFORCE SKATEBOARD ACADEMY」でスケートボードの練習にとりくんでいるから。

笹岡建介さんは笹岡さん兄弟と呼ばれるスケボーのアスリートぞろいで、
長男の笹岡拳道(けんと)さんが運営するスクールで次男の堅志(けんし)、三男の建介(けんすけ)さんと共に、
岡本碧優の得意技でもある540(ファイブフォーティ=1回転半)という技の練習にいそしんでいるようです。

岡本碧優のスケボー戦績は?

■2018年
10月 スケートボード・パーク:世界選手権 5位入賞

■2019年
03月 日本オープンJSFパークスタイルコンテスト 優勝
05月 第3回日本スケートボード選手権大会 準優勝
06月 Road To X GAMES 優勝
06月 デュー・ツアー(ロングビーチ@アメリカ) 優勝
07月 ISO of Park Skateboarding Nanjing2019(南京[ナンジン]@中国) 優勝
08月 X GAMES Minneapolis(ミネアポリス,アメリカ) 優勝
09月 Park World Championship(サンパウロ@ブラジル) 優勝
11月 VANSパークシリーズ(アジア地区選手権) 優勝
11月 STUオープン(リオデジャネイロ@ブラジル) 優勝

デュー・ツアーでは岡本碧優さんの得意技でもある大技「540(ファイブフォーティ=1回転半)」を豪快に成功させ文句なしの優勝を飾ると、
VANSパークシリーズでは、空中で横向きに回転させたボードをつかむ難易度Eの「キックフリップインディグラブ」を決めて危なげなく優勝。

現在、東京五輪予選対象試合では全戦全勝と、
よほど大きな怪我やスランプでも起きない限り東京五輪2020出場はほぼ確実と言ってよいんじゃないでしょうか。

岡本碧優の小学校や中学は?

岡本碧優さんの出身中学は岐阜県の長森東中学校です。

小学校については、もともとは出身地にある高浜市立吉浜小学校に通っていたものの小学校6年生の時にスケボー留学をするために岐阜県に引っ越しをしています。

長森東中学校に通っていたことはわかっているので、同じ校区(学区)にある小学校に1年弱は通っていたと思われますが、調べてみると、

日野小学校
長森北小学校
長森西小学校
長森東小学校

の4つがありました。

岡本碧優さんの通っていた小学校はこのうちのいずれかではないかと思われます。

岡本碧優のスポンサーは?

岡本碧優さんは2019年12月時点ではまだ若干12歳ながらすでにスポンサーも獲得しています。

タクシー事業を手掛けている「MKグループ」に笹岡建介選手と同じく岡本碧優選手もアスリート所属契約を締結しています。

ちなみに海外ではナイジャヒューストン(世界ランキング1位)のように7歳の頃からスポンサー契約を結ぶケースも珍しくはなく、ナイジャヒューストンに関して言えば年収は30億円以上にもなると言われています。

日本でも堀米雄斗さんのように年収1億円を超えていると言われるトッププレーヤーもいますが、その多くはアルバイトをしなければ生活できない収入のようです。

【MKグループ】スケートボード笹岡建介選手、岡本碧優選手とアスリート所属契約を締結
エムケイ株式会社のプレスリリース(2019年11月20日 14時00分) MKグループ スケートボード笹岡建介選手、岡本碧優選手とアスリート所属契約を締結

岡本碧優のスケボー(スケートボード)動画

岡本碧優のがパーク女子の世界で圧倒的な成績を残しているのは
完璧に540(ファイブフォーティ=1回転半)が決まっていることが要因のようです。

Misugu Okamoto Womens Park Final Run 3
Misugu Okamoto Brazil 2019

岡本碧優の東京オリンピック結果は?

2021年の東京オリンピックから新競技としてスケートボードが採用され、岡本碧優さんは見事に日本代表に選出されています。

ストリートとパークの2種類があり日本ではそれぞれ次の選手が日本代表に絵選出されています。

■ストリート(男子)
堀米雄斗
白井空良
青木勇貴斗

■ストリート(女子)
西村碧莉
西矢椛
中山楓奈

■パーク(男子)
平野歩夢

■パーク(女子)
岡本碧優
四十住さくら
開心那

タイトルとURLをコピーしました