開心那wikiプロフィール!戦績やスケートボード動画は?東京五輪2020に最年少で開心那出場なるか?

スポンサーリンク

開心那さんが東京五輪2020の新種目「スケボー(スケートボード)」で日本代表となるか注目を集めていますね。

東京五輪2020では、スケートボード(スケボー)、スポーツクライミング、サーフィンといった新種目が採用されていますが、
スケートボード(スケボー)にはなんと年齢制限がないため、現時点で若干11歳の開心那さんはもしかしたら従来の最年少出場記録を大幅に更新してしまうかもしれません。

スポンサーリンク

開心那wikiプロフィール

  • 本名:開心那(ひらき・ここな)
  • 生年月日:2008年8月26日
  • 出身地:北海道苫小牧市
  • 家族:両親と弟
  • 血液型:O型
  • 身長:146cm
  • 体重:34kg
  • 所属:HOTBOWL SKATEPARK(スケートボード施設)
  • 特技:グラインドトリック

開心那さんは苗字と言い名前といい珍しい部類に入ると思いますが、
心那(ここな)という名前の由来に関しては、南国好きの母親が「ココナッツ」にちなんでつけたそうです

スケートボードを始めたきっかけは、「家族で一緒にできるスポーツをさせたかった」という
スケートボードを見るのが好きだった母親の希望で、幼稚園児だった5歳から練習をスタート。

当初は苫小牧市内の練習場に通っていたそうですが、現在は電車1時間もかかる札幌市の練習場まで通って練習をすることもあるようです。

基本的に毎日練習をしているそうですが、指導者がいるわけではなく先輩ボーダーを手本に新技を覚え技術を磨いているそうなので、
岡本碧優さんのようにキチンとしたコーチに指導をしてもらえば、実力は一気に伸びるかもしれませんね。

開心那のスケートボード動画

X Games Minneapolis 2019 Woman's Skate Silver Medal Winner Kokona Hiraki
1st Place – Kokona Hiraki (JPN) 87.50 | Paris / Chelles, FRA | 2019 Women's Pro Tour
第3回日本スケートボード選手権 平野歩夢 開心那 190512

開心那の得意なグラインドトリックとは?

得意なトリックは「フロントサイド・ノーズグラインド」「バックサイド・ノーズグラインド」「クレイルスライド」「バックサイドキックフリップ」

グラインドトリックは、スケボーのトラックを、コンクリートや石の縁石に乗っけて削りながら滑っていくトリック。
グーグル翻訳で、Grind(グラインド)を翻訳してみると、日本語では、粉砕する
でした。まさにその名の通りのトリックですね。
スケートボードはつま先に体重を掛けると、お腹側に曲がり
かかとに体重を掛ければ背中側に曲がります。
トラックはスケートボードの足回りの中心部で、その曲がり具合を左右します。
そしてトリックを行うときにテールを弾くタイミングも
トラックによって大きく変わってきます。
プロや上級者ほど、デッキじゃなくてトラックを大事にする。

How to Backside 5-0 grind with Jose Campos

開心那戦績(大会入賞歴,受賞歴,成績)

■2018年
05月 第2回日本スケートボード選手権大会 4位
08月 VANSアジア(シンガポール)優勝
11月 世界選手権(中国) 7位

■2019年
03月 日本オープンJSFパークスタイルコンテスト 3位
05月 第3回日本スケートボード選手権大会 優勝
06月 デュー・ツアー(ロングビーチ@アメリカ) 3位
08月 Vans Park Series(ブラジル) 5位
08月 X GAMES Minneapolis(ミネアポリス,アメリカ) 準優勝
08月 Vans Park Series(フランス) 優勝
09月 Vans Park Series(アメリカ) 準優勝

2018年08月に参加した海外デビュー戦となるVANSアジアではいきなり優勝を果たすと、
2019年05月には昨年の雪辱を晴らすように日本選手権で見事に優勝
(準優勝は11歳の岡本碧優さん)

5月の日本選手権で初優勝。練習ではまだ未完成だった大技の「ノーズグラインドtoリップスライドアウト」を本番で成功させ、関係者を驚かせた。

日本ローラースポーツ連盟(JRSF)強化指定選手に2年連続で選出されるなど、
スケートボードでは10代前半のアスリートがしのぎを削っています。

開心那の東京五輪2020出場条件は?

東京五輪2020のスケートボード(種目:パーク女子)の日本の代表枠は、開催国枠を含めて最大3。

東京五輪2020に出場するには細かい規定はあるものの、

  • 2020年5月の世界選手権で3位以内入賞
  • 2020年6月1日に発表される五輪予選対象大会のポイントランキング

で決まります。

世界選手権で3位以内入賞していれば文句なしの東京五輪2020が決まりますが、
4位以下でもポイントランキングで日本人選手の中で上位となれば出場可能となります。

2019年12月時点での五輪予選対象大会ポイントランキングは、

1位 岡本碧優(みすぐ)
2位 四十住(よそずみ)さくら
7位 中村貴咲
9位 開心那

となっていて、位置的には開心那さんと中村貴咲さんが代表3枠目を争う形といった感じです。

タイトルとURLをコピーしました