アイルランドは最後なんで蹴った?ラグビー日本戦で最後キックの理由

ラグビーワールドカップ2019では日本代表チームが
またまたアイルランドを相手にジャイアントキリングを果たし、
世界中のラグビーファンの度肝を抜く快挙を成し遂げてしまいました。

ラグビー日本代表とアイルランドは世界ランキングでは共に
世界ランキング10位以内と肉薄しているように見えるものの、
アマチュアがプロに挑むくらいの実力差があります。

ネットでは「修行したクリリンがフリーザを倒す」と、
ドラゴンボールに例えているのがバズったりもしていましたが、
試合終了時は負けていたアイルランドが最後なんで蹴ったのか、
疑問に思っている人がたくさんいるようです。

アイルランドは最後なんで蹴った?最後キックの理由はボーナスポイント?

前半はアイルランドが2トライ・1ゴールを決めて12点、
日本は田村優が4本中3本のペナルティゴールを決めて9点と3点差。

ラグビー日本代表チームの戦い方を見ると、まさに弱者が強者に挑むような戦法で、
ハーフライン付近でゴールまでの距離が離れていたとしても、
粘り強くペナルティゴールで3点を重ねて勝ち切ろうという姿勢がうかがえました。

ただ前半の内容を見る限り、日本代表は優勝候補を相手に互角以上の戦い方をしていたと言えます。

ボール所持率やタックル数、ゲイン距離(前進距離)といったスタッツを見ても、
日本がアイルランドを上回っている点が多々あり、
アイルランドの2トライは日本のディフェンスラインをパワーで押しきったり、
巧みなパス回しでかわしたわけではなく、運の要素も絡んでくるキックからでした。

個人的には2本目のトライはゴールラインよりも手前で止めていたように見えましたが、
後半に入ると日本の前半の勢いはとどまるどころかむしろ加速するような試合展開となりました。

アイルランドは結局、後半は1点も奪うことなく無得点に抑えられてしまいました。

というのも、日本は後半14分の1本目のペナルティゴールを田村優が外して
12-12の同点に追いつくことに失敗したものの、
後半18分には福岡堅樹にラストパスをつなぐことができグラウンド左端付近にトライ。

これで14-12と逆転に成功すると田村優は難しい角度・距離ながらゴールキックを成功させ、
点差を4点に広げます(16-12)

この時点でアイルランドはペナルティゴールだと3点しか入らないので、
ペナルティゴールで追加点を奪うという選択肢がなくなりトライをとるしかありませんでした。

言い方を変えると、アイルランドに1トライ(5点)決めると逆転されてしまうので、
ラグビーの4点差というのはそれほど有利な得点差ではありません。

ところが、後半31分にアイルランドが自陣でファールをしてしまい、
日本はペナルティゴールのチャンスを得ると田村優がキック成功。

19-12と7点差を広げたことからアイルランドは1トライ決めるだけじゃなく、
トライ後にゴールも成功させてようやく同点に追いつくことができます。

もう後がないアイルランドはとにかくトライをとるしかなくなったものの、
逆に攻めるアイルランドから日本は福岡堅樹がボールをインターセプトして、
ゴールまであと数メートルというところまで詰め寄ります。

この場面では惜しくもアイルランドにボールを奪われてしまいましたが、
時間はすでに80分を回っていて、ボールが外に出たらそこで試合終了。

アイルランドは自陣深くから攻め込むかと思いきや、
自らボールを外に蹴りだして試合を終わらせてしまいました。

私も、負けていたアイルランドが最後なんで蹴ったのか?
追加点を狙いにいかず最後にキックをした理由がわかりませんでした。

その後の解説や有識者の見解から、
ラグビーワールドカップならではの原因と、
失点のリスクを避けたいアイルランドの事情という
2つの理由が絡んでいることがわかりました。

ラグビーワールドカップではボーナスポイントという制度があって、
通常の勝ち点に加えて

  • 4トライを決めたら勝っても負けても1点追加
  • 負けても7点差以内なら1点追加

というルールがあり、
アイルランドはボーナスポイント1点を確実に取りにきたわけです。

アイルランドがボールを持っていて主導権はあったものの、
自陣のゴールライン付近で決して優位とは言えません。

前半・後半を通して素人目から見てもアイルランドよりも日本に勢いがありましたから、
実際に試合に出場していたアイルランドの選手はそれこそ、
日本の脅威を肌で感じていたと思われます。l

ここで強引にトライを奪いに行っても逆にボールを奪い返されて、
トライをとられかねないという危険性を感じていたことから、
リスクを冒さずに無難にボーナスポイント1点を取りに行ったわけです。

最後キックのアイルランドもニュージーランド戦は避けたい

現時点では予選リーグ(プールA)では日本が首位でアイルランドが2位です。

日本とアイルランドの2チームで決勝トーナメント進出が濃厚といった状況ですが、
問題は1位突破と2位突破した際の対戦チームです。

ラグビーワールドカップ2019決勝トーナメントの組み合わせは、

  • プールA1位 VS プールB2位
  • プールA2位 VS プールB1位

となっています。

プールBにはニュージーランドと南アフリカの2強がいるものの、
アイルランドとしては少しでも勝機が高くなる対戦相手と戦いたいのが本音。

そう考えると、日本戦であえてリスクを冒してみすみすボーナスポイント1点も失うくらいなら、
その他の試合で勝ちきってプールA1位突破したいと目論むのは合理的な判断と言えるでしょう。

ちなみにアイルランドはニュージーランドにここ最近は2回勝ってはいますが、
歴史的には何年も勝てずにいた背景もあるので、苦手意識はあるような気はします。

ラグビー日本・アイルランド戦で最後なんで蹴った?に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました