クリステン・ギルバート(看護師)が連続殺人!犯行動機がやばい!

スポンサーリンク
未分類

クリステン・ギルバート(Kristen Heather Strickland)という看護師が、自分の勤務する病院の患者を次々と殺害するという事件の裏には、とんでもない犯行同期が隠されていました。

スポンサーリンク

クリステン・ギルバート(看護師)が連続殺人!犯行動機がやばい!

1995年、アメリカ・マサチューセッツ州ノーサンプトンのノーサンプトン退役軍人医療センターで連続して患者が急変し死亡する事件が相次いでいた。

午後4時から午前0時までのC病棟のシフトに入った看護師のクリステン・ギルバートがいるときだけ、異常に多くの患者が心停止で死亡するようになり、過去3年間の死亡率の3倍になった。

そのたびに、クリステンの冷静で有能な看護技術が光り、同僚からも慕われるようになっていった。

彼女のシフトでは、死亡率が異常に高い状態が続いた。あまりにも多くの人が亡くなるので、ギルバートは同僚たちから冗談で「死の天使」と呼ばれるようになった。

しかし、病棟の数人の看護師にとっては何も面白くない。クリステンについての噂は続いていたが、多くの人は彼女が患者を殺すような不吉なことに関わっているとは思わなかった。

彼女を信じない人もいて、心停止を起こす可能性のある薬を監視し始めた。エピネフリンという薬が何度も行方不明になっていた。

少なくとも、ギルバートが担当していた患者のうち、4人が死亡し、3人が心不全に近い状態で謎の死を遂げていた。

それに加えて、エピネフリンが不可解なほど不足していた。亡くなった患者の多くは高齢で重篤な状態にあったが、病気ではあっても心臓に問題がないにもかかわらず、心停止状態で亡くなっていく患者もいたのだ。

1996年には3人の看護師が「クリステンは殺人者だ」と名乗り出て、調査が行われました。

警察はC病棟の全従業員に聞き取り調査を行い、死亡率が3倍になった理由についての悲惨な動機をまとめた。

検察官によると、ギルバートは病院の在庫からエピネフリンを盗み、その薬を使って被害者に大規模な心臓発作を起こさせていた。

クリステンが患者にエピネフリンを投与したのは、警備員で恋人のジェームズがICUに呼ばれたときに、看護師としての自分のスキルを印象づけるためだったと推測されている。

また、同僚の何人かが目撃したように、彼といちゃつく時間も作っていたのです。

ギルバートの行動は想像を超えるものがあり、彼女は自分の声を偽装するためのおもちゃを購入し、ペローが勤務中のVA病院に電話をかけたこともあります。

「病院の第1棟で2時間後に3つの爆弾が爆発する」と爆破予告をして、従業員や患者の多くは病人や高齢者で、避難しなければなりませんでした。

警察がギルバートとこの電話を結びつけるまでに時間はかかりませんでした。

クリスティン・ギルバートは逮捕され、裁判にかけられ、有罪判決を受けた。

ギルバートは、連邦政府機関への爆破予告を虚偽の電話で行った罪で、連邦刑務所に15ヵ月間服役した。

彼女の服役中に、連邦政府の調査官がVA病院でギルバートの勤務中に死亡した人々の遺体を何体か掘り起こした。

毒物検査の結果、遺体の組織からエピネフリンが検出されたが、エピネフリンは誰にも処方されていなかったため、遺体に含まれる理由はなかった。

調査の間、ギルバートは仕事をしていなかったので、すぐにC病棟の死亡率は通常に戻った。ギルバートが病院を去った後、ペローとの関係も徐々に疎遠となっていきます。

1996年6月、ペローはとうとう関係を解消することを決意した。その1ヵ月後、ギルバートは薬物を過剰摂取し、病院の精神科病棟に入院した。

1998年11月、30歳のギルバートは、ヘンリー・ヒュードン、ケネス・カッティング、エドワード・スクウィラの3人の死亡と、トーマス・キャラハンとアンジェロ・ヴェラの2人の患者の殺人未遂の罪で裁判にかけられた。翌年の5月、ギルバートは患者のスタンリー・ジャゴドウスキーの死についても起訴された。

ペローもギルバートがある日、実際に注射で患者を殺したことを認めたと報告した。彼女がVA病院に勤務していた7年間で、彼女の勤務中に350人の死者が出ていたことが判明した。

裁判は2000年11月に始まりました。検察によると、ペローと一緒に過ごしたかったために殺人を犯したという。

検察官によれば、病院での7年間で、記録された350件の患者の死のうち半分以上の時間をギルバートが勤務していたという。

ギルバートの弁護団は、彼女の患者は自然死であると反論を続けましたが、2001年3月14日、陪審員はギルバートに3件の第1級殺人、4件目の第2級殺人の有罪判決を下した。

また、他の2人の患者についても殺人未遂で有罪となり、終身刑を4回言い渡された。彼女は2003年に判決に対する控訴を取り下げました。

2021年4月現在、クリスティン・ギルバートはテキサス州の連邦刑務所に収監されたままである。

クリステン・ギルバートの生い立ち

クリステン・ギルバートは若い頃、病的な嘘つきとして知られていました。

友人や隣人によると、彼女は自分が悪名高い斧殺人犯リジー・ボーデンの遠い親戚であるという根拠のない主張をよくしていました。

注目を集めるために自殺未遂を装ったり、怒ると彼氏の車をいじったり、爪で引っ掻くなどの物理的な攻撃をしたりしていました。

それでも、彼女は1年半早く高校を優秀な成績で卒業し、州立大学に入学して医学予備軍を専攻しました。クリステンは、訪問看護師協会でホームヘルパーの仕事に就いた。

在職中、知恵遅れの子供に熱い風呂の湯をかけて体の60%以上を焼いたことがあったが、その件で起訴されることはなかった。

1988年、クリステンは正看護師としての学位を取得。同年、彼女はグレン・ギルバートと出会い、駆け落ちしました。

しかし、最初から理想的な結婚生活を送っていたわけではなく、ギルバートは口論の際、肉切り包丁を持って夫を家中に追いかけていた。

結婚直後、彼女はマサチューセッツ州ノーサンプトンにある退役軍人局医療センターのC病棟で働くことになった。

1990年、ギルバート夫妻に第1子となる息子が誕生した。産休から復帰し、午後4時から午前0時までのシフトで職務についていました。

クリステン・ギルバートと警備員のジェームスの関係

1993年に次男が生まれてから、クリステンの結婚生活は破綻していった。その頃、クリステンは、新しくVA病院の警備員に採用されたジェームス・ペローと親交を深めていた。

ペローは午後3時から11時まで働いていて、2人は仕事が終わると他の従業員とよく飲みに行っていた。

C病棟で医療上の緊急事態が発生すると、ジェームズはいつでも現場に呼ばれていました。

クリステンの夫は、クリステンが出す料理が変な味がすることに気付き始めた。

何の証拠もないが、グレン・ギルバートは妻が自分を殺そうとしているのでは?と疑問を感じるようになります。

ジェームスはクリステンに、グレンと別れるか、関係を終わらせるかの迫ったところ、クリステンはすぐに夫のグレンと2人の息子を置いて別居しています。

タイトルとURLをコピーしました