東北新幹線2019年末年始の帰省ラッシュ・Uターンラッシュのピークはいつ?混雑乗車率(東北新幹線)は?

スポンサーリンク

2019年も残すところあとわずかとなり、年末恒例の歌謡祭が各テレビ局で放送されるなど、
年末年始の特番が数多くラインナップされるようになりましたが、帰省の準備は大丈夫でしょうか?

2019年は吉本興業のお笑い芸人の闇営業事件や渋野日向子の全英女子オープン優勝など
良いニュースも悪いニュースありましたが、とりあえずは2020年は良いスタートを切りたいところ。

東北新幹線2019年末年始の

帰省ラッシュのピーク
Uターンラッシュのピーク

はそれぞれいつ頃になるんでしょうか?

スポンサーリンク

東北新幹線2019年末年始の帰省ラッシュピークはいつ?

法律で休日(祝日)とされているのは、12月29日~1月3日までの6日間ですが、
東北新幹線を含むJR東日本の年末年始の指定席予約状況(下りピーク)を過去5年間にさかのぼって調べてみました。

  • 2014年:12月30日(火)
  • 2015年:12月30日(水)
  • 2016年:12月30日(金)
  • 2017年:12月30日(土)
  • 2018年:12月29日(土)

29日が休日じゃなければおおむね12月30日が年末年始の帰省ラッシュのピークを迎えることが予想され、
今年(2019年~2020年にかけて)の年末年始はどんなカレンダーになっているのかというと、下記のとおりです。

  • 12月27日(金)
  • 12月28日(土)
  • 12月29日(日)
  • 12月30日(月)
  • 12月31日(火) 大晦日
  • 1月1日(水) 元旦
  • 1月2日(木)
  • 1月3日(金)
  • 1月4日(土)
  • 1月5日(日)
  • 1月6日(月)

2019年の12月29日は日曜日なので、東北新幹線の年末年始の帰省ラッシュピークは、

12月29日(日)

となることが予想されます。

ただ2019年は実質的に12月28日から年末年始の連休がスタートするので、
家の片づけを速めに終わらせて12月28日のうちに帰省してしまう人も多いと思われるので、
例年に比べると混雑がピークに達しても自由席の乗車率はそれほど高くはないかもしれません。

ちなみに、2018年の12月29日の混雑状況(下りの自由席の乗車率)は、

  • 北陸新幹線 150%
  • 東北新幹線 140%

となっていて、中には200%近くにまでなる路線も存在しているため、
小さな子供がいて座席予約できなかった場合には12月29日に東北新幹線に乗車するのは考えたほうが良いかもしれません。

東北新幹線年末年始2019のUターンラッシュのピークは?

次に東北新幹線の年末年始のUターンラッシュ(上り線)の混雑ピークはいつになるのか?

同じく東北新幹線を管轄するJR東日本の過去5年間の年末年始の指定席予約状況は下記の通りです。

  • 2015年:1月3日(土)
  • 2016年:1月3日(日)
  • 2017年:1月3日(火)
  • 2018年:1月3日(水)
  • 2019年:1月3日(木)

あまり曜日に関係なく年末年始の連休最終日となる1月3日に混雑のピークを迎えているので、
2020年も例年通り

1月3日(金)

が最も混雑すると思われます。

ただ2020年は、

1月4日(土)
1月5日(日)

と3日を過ぎても連休が続くので、例年に比べると混雑が緩和されるので、
やはりピークに達してもそれほどの人ごみに巻き込まれる心配はないと思われます。

東北新幹線の座席予約(年末年始)裏ワザ

1年のうち年末年始とお盆は新幹線の座席(指定席)はもっとも予約が殺到する時期で、
東北新幹線では年末年始の自由席の乗車率が軒並み100%を超えているように、
乗車当日に予約しようと思ってもすでに切符が完売している可能性が高いです。

ただそれでも、座れる可能性は0ではなく下記のような手段で座席を確保できるかもしれません。

  • 偶数車両を狙う
  • 始発を狙う
  • グリーン車の座席を予約する
  • 横並びの座席を指定しない
  • 早めに座席予約を済ませておく

偶数車両を狙う

意外と知られていないのが新幹線では偶数車両の座席数と奇数車両の座席数が違うこと

700系こだまE編成のように例外はあるものの、例えば300系のぞみ新幹線だと1号車が65席しかないのに対して、2号車には100席もあり35席も差があります。

1号車には運転席とトイレがある分、座席数が少なくなるからで、
東北新幹線では少なくとも1号車~3号車の3両、多いときには1号車~5号車、6号車の5~6両が自由席になり、
トイレの設置の関係から、偶数号車両の方に座席数が多い可能性が高いです。

始発を狙う

東北新幹線で年末年始は大混雑すると言っても、始発に関しては座席に余裕がある日が見られます。

東京駅など新幹線の発着駅の始発時間に間に合うアクセス方法がない人もたくさんいますから、
もし始発時間に間に合うようならば指定席でも自由席でも始発を狙うのがオススメです。

グリーン車の座席を予約する

新幹線の指定席といえばほとんど人は普通席の予約をするので、
乗車率が100%以上でも実はグリーン席にはまだまだ余裕があることが多いです。

確かに、通常よりもグリーン席の料金は高くなるものの、
乗車中ずっと立ち続けて疲れをためてしまったり、混雑に巻き込まれてストレスになることを考えたら、
グリーン席で快適に移動したほうが結果オーライになるかもしれません。

横並びの座席を指定しない

指定席の予約がいっぱいだったとしても、意外と3列シートの真ん中だと空いてる座席が残っているケースも多く見られます。

小さな子供がいる場合には難しいものの、家族・グループで一緒に座るのを諦めて、
とにかく空いている座席を狙ってピンポイントで予約をしていけば、人数分の座席を確保できるかもしれません。

早めに座席予約(切符購入)を済ませておく

年末年始は混雑することがわかっていても、前日までに切符をしていない人はたくさんいるのが例年のことで、
東京駅など新幹線の発着駅の券売機やみどりの窓口には、切符購入する人で長蛇の列ができていることがあります。

新幹線の切符の購入に慣れていない人もいたりして、その分、新幹線の乗車待ちの行列に並ぶ遅くなるので、
指定席が予約できなくても自由席の切符であっても早めに座席予約(切符購入)を済ませておきましょう。

私はえきねっとを愛用していますが、みなさんグリーン席を候補にすら入れたことがないという方も多いのでは?
候補に入れたとしても、第二候補以降ではないでしょうか?
そこを狙いましょう!
せっかく年末年始の長期休暇でゆっくりできるのに、余計なストレスで休暇を台無しにすると考えれば許せる範囲です。

東北新幹線の座席予約(年末年始)はえきねっと事前受付もおすすめ

東北新幹線では年末年始やお盆シーズンなど毎年恒例の混雑時期には、
新幹線の座席予約サイト「えきねっと」で通常よりも早く予約受付を行っています。

本来であれば、新幹線の座席予約ができるのは乗車日1ヶ月前(12月29日であれば11月30日)ですが、
えきねっとの事前受付では発売開始日のさらに1週間前の午前5時30分から乗車日1ヶ月前の午前10時00分まで予約申し込み可能です。

ご利用いただけません

2019年~2020年の年末年始では、下記のようにえきねっと事前受付が実施されます。

乗車日 → 事前受付開始
12月27日(金) → 11月20日(水)
12月28日(土) → 11月21日(木)
12月29日(日) → 11月22日(金)
12月30日(月) → 11月23日(土)
12月31日(火) → 11月24日(日)
01月01日(水) → 11月24日(日)
01月02日(木) → 11月25日(月)
01月03日(金) → 11月26日(火)
01月04日(土) → 11月27日(水)
01月05日(日) → 11月28日(木)

ただ一つ注意しなければいけないのは、えきねっとの事前受付で新幹線の座席予約は、
申込者が多数いた場合、先着順ではなく抽選となってしまうこと。

本来の座席予約発売開始日の午前10時00分以降に結果をメールで順次で知らせてくれることになっているので、
もし予約できなかった場合には通常の予約方法で座席を確保しなければいけません。

タイトルとURLをコピーしました