戌の日で腹帯持参の包み方は風呂敷?腹帯以外で戌の日に持参するモノは初穂料?

戌の日は別名「帯祝い(おびいわい)」とも呼ばれるように、
腹帯を持参して祈祷してもらったり、
もしくは神社ですでに祈祷済みの腹帯をもらえたりします。

自分の腹帯を祈祷してもらう場合には、
普段使いのカバンやエコバッグに入れて持って行っても良いですし、
風呂敷に包んで持って行ってもどちらでも構いません。

風呂敷でもなんでもかまわないので、腹帯を持参するのであれば、
何かに包んで持っていくのが良さそうです。

神社によっては戌の日の安産祈願のお祓いを受ける際、
用意した腹帯を膝の上に置くように言われることがあるので、
使い古しの腹帯がガードルタイプの腹帯だと、
膝の上に置くのがちょっと恥ずかしい気分になったりします。

神社によっては腹帯の持参を認めていなかったりするケースもあるので、
戌の日の安産祈願のお参りをする予定神社に
あらかじめ確認をしておくと良いです。

腹帯の持参を認めていたとしても、
コルセットやトコちゃんベルトは認めていなくて、
岩田帯(いわたおび、一枚の長い布)のみ
OKとしている神社もあるようです。

戌の日に持参する腹帯の包み方

戌の日の安産祈願のお参りで、
自分で用意をした腹帯に祈祷をしてもらったりご朱印を押してもらう場合、
どんな風に持っていけばよいのかというと、
いつも使っているカバンにそのまま入れて持って行っても構いません。

ただ、腹帯は基本的に「肌着」とみなされるので、
腹帯を裸でカバンに入れておくのが避けた方が良さそうです。

ビニール袋に入れるのも、なんとなく気持ちが落ち着かないので、
風呂敷に包むか、紙袋に入れるのが良いでしょう。

エコバッグに入れて持って行ってOK

腹帯の持参方法に関しては、特に決まりやマナーはないですし、
神社からも持参方法を指定されるようなことはないので、
エコバッグのような簡単なカバンに入れて持参してもOKです。

エコバッグであれば、腹帯を入れたまま床に置くと、
風呂敷か何かで腹帯を包んでいるような見た目にもなります。

腹帯を裸で晒すのも避けることができるので、
オススメの腹帯の持参方法だったりします。

腹帯にご朱印をもらうなら箱・袋から出しておく

戌の日の安産祈願のお参り用に新品の腹帯を用意した場合、
神社に持参する際あh箱・袋から出しておくと良さそうです。

新品で買ったままの腹帯だと、
神社の巫女さんや神主さんが箱を開梱したり、
仮止めの糸をほどくといった手間を掛けさせてしまいます。

ご朱印を押してもらいやすいように、
箱・袋からはいったn出しておいて、
すぐにご朱印をを押せる状態にしておきましょう。

風呂敷で包むなら平包みが取り出しやすい

持参する腹帯はエコバッグや
普段使っているカバンに入れて行っても良いですが、
風呂敷で包む人も良く見かけます。

戌の日の安産祈願用に華やかなデザインの風呂敷に
腹帯を包んで持参すれば見た目もすごくスマートです。

風呂敷はいろんなものを包める万能の布だったりしますが、
腹帯を包むのであれば、一番シンプルですが
一番格の高い包み方とされている平包みにするのが良いです、

数ある風呂敷の包み方の中でも
平包みは唯一、結び目の無いスタイルで、
あらたまった日によく用いられる包み方です。

さらに丁寧にするならのし紙・水引で包む

風呂敷で包むとすごく丁寧な印象になりますが、
さらにのしがみ・水引で包むことで礼儀の印象が強まります。

のし紙に使う紙の種類(紙質)は、
日本独特の紙である和紙じゃなくてもA4コピー用紙でも構いません。

水引に関しても、ネット通販で手軽に購入することができます。

水引にはいろいろな形・種類がありますが、
戌の日の安産祈願に用いるのであれば、
紅白の蝶結びを選ぶのが良いです。

注意点としては、水引のリボンの先っぽは
下に向けるようにすることくらいです。

神社によっては腹帯とお守りが一緒にもらえる

特に安産祈願で有名な神社(東京の水天宮など)になると、
戌の日の安産祈願のお参り用にすでに、
プラン(?)のようなものが用意されています。

安産祈願の祈祷をするだけ
安産祈願の祈祷と腹帯のセット
安産祈願の祈祷と腹帯・お守りのセット

といった感じで、祈祷プランが用意されていたりするので、
安産祈願をする予定の神社に確認しておくと良さそうです。

戌の日に安産祈願してもらう腹帯の色や柄の選び方

腹帯は普段は、誰かの目に触れるようなことはありません。

戌の日の安産祈願のお参りの時に他人に見られることがあるだけなので、
基本的に自分の好きな柄・色の腹帯を選んで構いません。

神社側としても、岩田帯の腹帯であれば、柄や色に関して、
特に指定するようなことはないようです。

黒でも柄物でもOK

岩田帯の腹帯の色は白が一般的ですが、
黒や紫、ピンクなど自分の好きな色を使うことができます。

腹帯は、人によっては窮屈ですぐに使わなくなってしまうこともありますが、
出産するまでずっと使い続ける人も多いので、
自分の気に入ったものを使えたほうが良いですよね。

柄に関しても、自分の好きな柄を選んで良いモノの、
動物の殺生を連想させるような柄(ヒョウ柄など)は、
神社の祈祷にはあまりふさわしくないので、控えておいた方が良さそうです。

とこちゃんベルト・ガードルなどはNGのケースもある

最近では妊婦さんのサポート用に岩田帯の腹帯ではなくて、
とこちゃんベルトなどさまざまなタイプのガードルも販売されています。

  • 腹巻タイプ
  • ガードルタイプ
  • サポートベルトタイプ
  • 骨盤ベルトタイプ

などなどがあり、自分にとって楽に装着できそうなものを選べます。

ただ、神社によっては岩田帯の腹帯以外だと
持参をしても祈祷やご朱印を断られるケースもあるようなので、
事前にキチンと確認しておいたほうが良いです。

妊娠中の妊婦さんに人気の腹帯

  • 犬印本舗 マタニティ ショーツ(腹巻きタイプ)
  • ベア天竺クロスサポート 産前ガードル マタニティ ガードル/妊婦(ガードル・パンツタイプ)
  • 犬印本舗 マタニティ 妊婦帯(サポートベルトタイプ)
  • [ワコール マタニティ]産前&産後 骨盤ベルト(骨盤ベルトタイプ)
  • ガードルサポート妊婦帯/[MIKA&MAYA] マタニティ ショーツ(腹巻きタイプ)
  • 犬印本舗 マタニティ 犬印妊婦帯 めぐみ(腹巻きタイプ)
  • 通勤に便利なサポーターパンツ/ピジョン(ガードルタイプ)
  • 検診便利パンツ妊婦帯/犬印本舗(ガードルタイプ)
  • 簡単サポート調節妊婦帯/犬印本舗(サポートベルトタイプ)

特に人気があるのはやっぱりトコちゃんベルトでしょう。

ピンポイントで骨盤を支えることができるので、
妊娠中の腰痛や便秘改善のほか、つわり軽減効果も期待できるそうです。

骨盤をお尻側から恥骨側へしっかりと寄せて支える骨盤ケアができるので、
妊娠によって恥骨が緩み、腰痛の恥骨痛の予防や改善が期待できます。

ただ、着用のしかたが独特なので、
産婦人科や産院などで着用指導を受けたほうが良いでしょう。

妊娠線は今のうちから注意!出産前のケアが大切

腹帯があると、徐々に大きくなるお腹をしっかり支えて、
妊婦さんの負担を軽くしてくれるものの、
お腹が大きくなるにつれて心配になってくるのが妊娠線です。

産後に妊娠線が消えずに肩を落としてしまうママさんも多く、
妊娠線をお腹に残さないためには妊娠中からのケアが大切です。

妊娠線ができてしまう直接的な原因は皮膚を極端に引っ張ってしまうことですが、
それ以前に肌の保湿力が低下してしまっていることも大きくかかわっています。

私たちの肌というのは、水分を含めば含むほど、
お餅のように柔らかくなり、伸び縮みする性質を持っています。

もし肌から水分が失われてしまうと肌の柔軟性も低下してしまい、
妊娠線もできやすくなってしまうわけです。

保湿ケアと言えばニベアクリームを塗ったり、
手持ちの保湿クリームを使っても良いですが、
オススメなのは妊娠線ケア専用に設計された保湿クリームを使うことです。

ノコアという妊娠線予防・改善クリームは、妊婦さん向けに開発されているので、
お腹に赤ちゃんがいても安心して使うことができます。

ノコアは肌への浸透力・定着率も高いので、
お腹に塗っていくとすぐに馴染んでいき、べとつくことなく仕上がりはサラサラ。

お風呂上りなどノコアを塗った後に
腹帯やコルセット・ガードルを装着しても、
蒸れたりかゆくなったりムズムズすることはありません。

ノコアはアマゾンや楽天などでもノコアを購入できるので、
溜まっているポイントを活用してみても良いですが、
公式サイトから注文をすれば唯一、まとめ買いの割引セットが用意されていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました