ネビルの両親をベラトリックスはなぜ拷問した?

スポンサーリンク
デフォルト ハリーポッター

ネビルは魔法界でも有名な純血名門一家の生まれです。

彼の両親はとても優秀な闇払い(闇の魔法使いを捕まえる仕事)でヴォルデモートから3度逃げのびることができたほど。

しかし、ベラトリックス・レストレンジ(デスイーター)によって拷問され廃人になってしまいますが、ベラトリックスはなぜ純血のネビルの両親を拷問する必要があったんでしょうか?

スポンサーリンク

ネビルの両親をベラトリックスはなぜ拷問した?

ハリーポッターと不死鳥の騎士団でシリウスブラックがハリーポッターに騎士団の写真を見せたとき『あんなことになるなら死んだ方がマシだ』と拷問の後遺症で心の方が壊されていました。

現在は「聖マンゴ魔法疾患傷害病院」というところの精神科病棟に入院中です。

父のフランク・ロングボトムと、母のアリスは、2人も優秀な闇祓いで、不死鳥の騎士団に加わっていました。

そんなネビル両親が拷問を受けることになるのはヴォルデモートがポッター家を襲撃し、ポッター夫妻を殺害するもハリーに肉体を消滅させられてしまった後。

赤ちゃんだった頃のハリーに死の呪いを放った日からヴォルデモートは姿を消しました。

ちなみに、力が弱り幽霊のなりそこないになったヴォルデモートはアルバニアの森に身を隠していて、1番に見付けたのはクィレルでした。

普通に考えると、ヴォルデモートが力を失い瀕死の重傷を負った上に行方不明になったわけですから、不死鳥の騎士団とデスイーターたちの対決は一時休戦を向かえるはずのタイミングでした。

ベラトリックスらですイーターはなぜネビルの両親を拷問する必要があったのかというと行方不明となったヴォルデモートの行方を捜すことが目的でした。

四人の死喰い人、ベラトリックス・レストレンジ、その夫のロドルファス、その弟のラバスタン、そしてバーテミウス・クラウチ・ジュニアはロングボトム夫妻がハリーの両親(ジェームズ、リリー)の居場所など、騎士団に関係する情報を得るため拉致。

さらにヴォルデモートの行方を知っていると勘違いしていたようです。

有力な闇払いであるロングボトム夫妻ならヴォルデモートがどうなったかを知っていると考えたからでしょう。

ちなみに、ネビルがハリーに代わって予言の子になる可能性もありましたが、候補者の親だからという理由で拷問したわけではないと思われます。

拘束をしても明確な答えを得られなかった彼らはロングボトム夫妻が真実を隠していると考え、拷問のため磔の呪いを何度も何度もかけ続けます。

後にこの四人の凶悪な死喰い人たちはアズカバンへと収容されるが、ネビルの両親は心神喪失状態にまで追い詰められてしまった。

ネビルの両親の現在は?

2人とも完全に正気を失っており、ネビルがお見舞いに行くと、母親は毎回ガムの包み紙(要するにゴミ)をプレゼントするようです。

特に母親のアリスはかつてはふっくらとした幸せそうな面影と描写されたほどだったが、その顔は痩せこけ、やつれ果てて目だけが異常に大きく見えて髪は白くてまばらな状態となり、まるで死人のような状態だった。

相手が自分の息子だと認識できているかも怪しい。ネビルはそのゴミを大事にポケットにしまい、今までの分も捨てずに全部とってあるようです。

しかし、2人とも口を割らなかったことにネビルや騎士団は誇りを持っています。

両親の変わりに祖母のオーガスタがネビルを育てています。

ネビルは両親のことを誰にも話していませんが、たまたまハリー達がウィーズリーおじさんのお見舞いに病院に来た時に出くわしてしまい、ハリー達三人だけはこのことを知っています。

といってもハリーだけはネビルの両親についてダンブルドアから教えてもらっていたのでそれ以前からこのことは知っていたのですが、誰にも話していませんでした。

ネビルはホグワーツ卒業後、ホグワーツの薬草学の教授になっており、ハリーの子供たちとも友達なのだそうです。

映画ではルーナとくっついていましたが、あの設定は映画オリジナルなので、実際のところはハンナというハッフルパフの同級生と結婚しています。


さて、ハリーポッター映画シリーズを1回見ただけで満足していませんか?それってすごくもったいないですよ!

ご存じのようにハリーポッターには小説の原作があり全巻の総ページ数はなんと6,424ページ(1巻あたり約600ページ)!

1ページ1分で読んだとしても1巻分を読み終わるのに10時間(600分)かかるところ、映画では2時間程度の尺となっています。

映画では「あれ、今のシーンの意味は?」と不思議に感じることが多いものの、小説を読めばその理由が分かるので、ぜひ小説にも目を通してみてください。

またハリーポッターでは網の目のように伏線が張り巡らされているため、2回、3回と見ることでまた違った感動を味わうこともできます。

ハリーポッター映画シリーズを動画配信で見るなら、u-next(ユーネクスト)がおすすめです

u-nextの無料トライアル期間(31日間)でハリーポッター映画シリーズを一気見するにはこちら
見逃し配信バナー

u-nextではシリーズ全作品が視聴できるほか、若き日のダンブルドアも登場するハリーポッターの世界につながる映画「ファンタスティック・ビースト」も視聴可能。

月額2189円(税込み)ですが、有料の最新作を見ることができるポイントを毎月1,200円分のポイントがもらえるので、実質1000円以下。

洋画はもちろん、邦画やテレビアニメ、海外ドラマにバラエティ番組など22万本以上もの作品数を誇りますが、もちろん、無料トライアルの31日間のうちに解約すれば料金を請求されることはありません。

u-nextならダウンロード機能もあるので、通勤通学などの時間も通信量を気にせず見たいコンテンツを視聴できますよ。

u-nextの無料トライアル期間(31日間)でハリーポッター映画シリーズを一気見するにはこちら
見逃し配信バナー

タイトルとURLをコピーしました