八木優希の子役時代から現在までのドラマをwikiプロフ調査!

スポンサーリンク
未分類

八木優希さんは子役としてNHK朝ドラ「ちゅらさん」「ひよっこ」「おひさま」の他、大河ドラマ「龍馬伝」「西郷どん」にも出演をしてきたベテラン女優。

香取慎吾さんとも「薔薇のない花屋」で共演し10年ぶりの再会を喜ぶ様子が放送されて涙を誘いましたが、八木優希さんの気になる子役時代から現在までの経歴やプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

八木優希wikiプロフィール

名前:八木優希(やぎ ゆうき)
出身地:東京都新宿区
生年月日:2000年10月16日
年齢:19歳
身長:152㎝
血液型:B型
趣味:音楽鑑賞・読書
特技:剣道
事務所:アミューズ

八木優希さんが女優デビューしたのはなんと生後4か月(0歳4か月)の赤ちゃんの時で、
2002年放送開始の仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーアギト」の第4話で闇の力によって誕生した赤ちゃん役で出演しています。

当時はセントラルグループという赤ちゃん役・子役で出演するタレントの多い事務所にいましたが現在は所属事務所をアミューズに移しています。

八木優希の経歴

八木優希さんは中学生になるまでは子役として数えきれないほどのドラマや映画に出演をしており、
中学生になってからは2013年10月13日に開催された第80回NHK全国音楽コンクール・小学生の部で司会を務めています。

■八木優希さんの出演ドラマ
仮面ライダーアギト 第4話(2001年) – 闇の力(赤ん坊) 役
長崎ぶらぶら節 (2001年)
連続テレビ小説 ちゅらさん(2001年)
連続テレビ小説 おひさま(2011年) – 須藤陽子(幼少) 役
連続テレビ小説 ひよっこ(2017年) – 夏井優子 役
大河ドラマ 風林火山(2007年) – 菊 役
大河ドラマ 龍馬伝(2010年) – 平井加尾(少女時代) 役
大河ドラマ 西郷どん(2018年) – 西郷菊草 役
薔薇のない花屋(2008年) – 汐見雫 役
ヤスコとケンジ(2008年) – 沖ヤスコ(少女時代) 役
ハガネの女(2010年,2011年) – 山石美奈 役
ストロベリーナイト・サーガ(2019年)- 姫川玲子(高校時代)役
おカネの切れ目が恋のはじまり(2020年) – 鮫島ひかり 役

■八木優希さんの出演ドラマ映画
陸に上った軍艦(2007年) – 山倉の娘 役
能登の花ヨメ(2008年) – 中浜梅乃の娘 役
フライング☆ラビッツ(2008年) – ゆかり 幼少役
しあわせのパン(2012年) – 未久 役
虹色ほたる ~永遠の夏休み~(2012年) – 芳澤 役(声優)
アイネクライネナハトムジーク(2019年) – 亜美子 役

味の素 エビ寄せフライ 香取慎吾 八木優希 CM

おカネの切れ目が恋のはじまり(カネ恋)

おもちゃメーカーの御曹司で浪費家の猿渡慶太が妹のように可愛がる謎の女子高生で
登場人物中、一番金銭感覚がしっかりしていて、色々なものを駆使して無料で生きていける術を知っている鮫島ひかり役で出演します。

おもちゃメーカー経理部で働き、シビアな金銭感覚を持つ“清貧女子”の九鬼玲子(松岡)のもとに、おもちゃメーカーの御曹司で浪費家の猿渡慶太(三浦春馬)が営業部から異動してくることからはじまる、性格も価値観も正反対の2人が繰り広げるラブコメディー。

八木優希の子役時代の出演ドラマ

八木優希さんは中学生に上がると芸能活動をかなりセーブしていますが、
それ以前には、NHK連続テレビ小説や大河ドラマなどにたびたび出演をしていました。

特に岡田惠和さん脚本の朝ドラ3作「ちゅらさん」「おひさま」「ひよっこ」に出演を果たしています。

ちゅらさん

NHK連ドラ初出演でヒロインの幼少期を演じていました。

「ちゅらさん」はKiroroが主題歌「Best Friend」を担当し、沖縄の小浜島と東京を舞台に、初恋の人と運命の再会を果たし、少女のころの夢を現実する物語

ひよっこ

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」には有村架純さん演じるみね子の先輩でありルームメイト・夏井優子役で出演。

「ひよっこ」は戦後間もない頃の時代に茨城県の奥茨城村に住む谷田部みね子(有村架純)が主人公のドラマで、
高校卒業後は実家で営む農業を手伝うことになっていて本人も望んでいたものの、東京で働いているはずの父・実(沢村一樹)が行方不明に。

実家の手伝いをする事を断念し集団就職で東京に向かうと採用された向島電機で地道に働きながら父親の行方を探しつつ、
乙女寮という社員寮で夏井優子と谷田部みね子は共に生活をすることになります。

薔薇のない花屋

八木優希さんは香取慎吾さん演じる主人公・汐見英治とは血のつながらない娘の汐見雫で出演。

小学2年生でありながらやや頑固な一面があり一家の台所事情をコントロールするなどきっちりとした性格を演じていました。

このドラマの出演でテレビ情報誌『ザテレビジョン』の発表した「第56回ドラマアカデミー賞」において「ザテレビジョン特別賞」を受賞し一躍、注目されるようになりました。

八木優希と香取慎吾の関係

八木優希さんは香取慎吾さんとドラマ「薔薇のない花屋」で共演をしていますが、実の撮影当時から本当の親子のように仲良くなり、
2人が10年以上も文通を続けていることが12年後の2020年2月1日『初対面トークショー!! 内村カレンの相席どうですか』で明らかにされました。

番組ではゲストが「今、1番会いたい人」を呼んでトークショーをするという趣旨で、
当初は解散したSMAPの元メンバー、中居正広さんや木村拓哉さんが出演するのでは?と噂になったものの、
ふたを開けてみるとドラマの出演依頼、ほとんど顔を合わせることがなくなってしまった八木優希でした。

12年ぶりに再会を果たすと香取慎吾さんは「雫、大きくなった」と八木優希さんを抱きしめると
八木優希さんも香取慎吾さんも大粒の涙が目にあふれていました。

八木優希さんは番組で「父ちゃんへ」から始まり手紙を朗読。

逆上がりができた日、入学など折々に写真と共に送っていて、香取慎吾さんから届いた手紙は今でも宝物にしていて机に飾っていると語っていました。

八木優希のツイッターやインスタグラム

八木優希さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

八木優希の高校や大学など学歴は?

八木優希さんは中学生になるタイミングの2012年頃に「セントラル子供タレントおよびセントラル子供劇団」を退団しています。

実際にそのあたりから映画やドラマ出演の数が激減しているので、学業を優先していた様子がうかがえますが、
八木優希さんが通っていた中学校や高校の名前、そして大学に進学しているかどうかは公表されていません。

八木優希の身長・体重は?

八木優希の体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は152㎝と、今でも子役として十分に通用する小柄な体形ですね。

八木優希の彼氏は?

八木優希さんは以前、同じく子役から芸能界で活動している濱田龍臣さんと噂になったことがあります。

濱田龍臣さんも八木優希さんも同じ2000年生まれで、NHK大河ドラマ「竜馬伝」で共演したことで知り合い、
ドラマ「浪花少年探偵団」などでも共演したことから二人の関係は交際に発展したのでは?と見る人がいるようです。

タイトルとURLをコピーしました